コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十和 とおわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十和
とおわ

高知県南西部,四万十町西部の旧村域。四万十川の中流域にある。 1957年昭和村と十川村が合体して十和村が発足。 2006年窪川町,大正町と合体して四万十町となった。江戸時代の上山郷の西部分にあたる。穿入蛇行する四万十川沿いの狭小な平地に集落が立地。林野面積が9割をこえ,用材,シイタケを産する。アユを網でとる火振り漁で知られ,国指定重要無形民俗文化財の土佐の神楽の一つ,幡多神楽を伝える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十和
とおわ

高知県北西部、幡多(はた)郡にあった旧村名(十和村(そん))。現在は四万十(しまんと)町の西部を占める地域。旧十和村は、1957年(昭和32)十川(とおかわ)、昭和の2村が合併して成立。2006年(平成18)窪川(くぼかわ)、大正の2町と合併して、四万十町となった。JR予土線、国道381号が通じる。穿入(せんにゅう)蛇行しながら西流する四万十川中流域に位置し、狭小な河岸段丘を除き平坦(へいたん)地に乏しい。地域の大部分を山地が占め、林業が中心で、なかでもシイタケ生産が重要であるが、現在は園芸野菜との複合経営が進んでいる。[正木久仁]
『『十和村史』(1984・十和村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十和の関連キーワードありがとう十和田観光電鉄線連絡乗車セット青森県十和田市豊ケ岡豊ケ岡秋田県鹿角郡小坂町十和田湖青森県十和田市西十三番町青森県十和田市西十四番町青森県十和田市西十五番町青森県十和田市西十一番町青森県十和田市東三番町青森県十和田市西二番町青森県十和田市馬洗場青森県十和田市元町西青森県十和田市大不動青森県十和田市豊ケ岡十和田湖温泉スキー場青森県十和田市本町東高知県高岡郡四万十町青森県十和田市元町青森県十和田市奥瀬青森県十和田市滝沢青森県十和田市立崎

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十和の関連情報