コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷忠澄 たに ただずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷忠澄 たに-ただずみ

1534-1600 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)3年生まれ。土佐(高知県)長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)の家臣。もと土佐神社の神職。豊臣秀吉の四国攻めの際,阿波(あわ)(徳島県)一宮城をまもり,和議締結につくす。天正(てんしょう)14年豊後(ぶんご)(大分県)戸次(へつぎ)川の合戦では,元親の長男信親(のぶちか)の遺骸(いがい)を島津氏からひきとる使者をつとめた。慶長5年11月7日死去。67歳。通称は忠兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

谷忠澄の関連キーワード谷忠兵衛

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android