豊根[村](読み)とよね

世界大百科事典 第2版の解説

とよね【豊根[村]】

愛知県北東部,北設楽(きたしたら)の村。人口1524(1995)。木曾山脈南端にあって,北は長野県,東は静岡県に接する。村域の大部分山林で占められ,集落は天竜川水系の大入川などの河川沿いに点在するが,集落の多くは花祭を伝えていて花祭の里として有名。林業が盛んで,杉,ヒノキの良材を産出し,シイタケ栽培も行われる。北部の茶臼山一帯と南東端の佐久間湖周辺は天竜奥三河国定公園に属し,民宿村が開設されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の豊根[村]の言及

【三河高原】より

…大部分が民有林であるが1戸当りの面積規模は約5haと少なく,専業林業家はほとんどない。水資源開発も早くから行われ,天竜川水系の佐久間ダム,新豊根ダム,豊川水系の宇蓮ダム,設楽ダム,寒狭(かんさ)川ダム,矢作川水系の矢作ダム,羽布(はぶ)ダム,巴川ダムなど,洪水調節をはかるとともに,農業・工業・上水道用水に役立つ多目的ダムが建設されている。高度経済成長期以来,豊橋,名古屋方面への人口流出,挙家離村が目だち,急激に過疎化が進行した。…

※「豊根[村]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android