コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竜奥三河国定公園 てんりゅうおくみかわこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天竜奥三河国定公園
てんりゅうおくみかわこくていこうえん

長野県静岡県愛知県の 3県にまたがる自然公園。面積 257.23km2。1969年指定。1970年東海自然歩道沿線を追加指定。長野県南部の天竜峡より静岡県浜松市にいたる天竜川と,支流である万古川,振草川(ふりくさがわ),大入川(おおにゅうがわ),気田川(けたがわ)の峡谷景観,愛知県東部の茶臼山鳳来寺山を中心とした山岳景観が特色。鳳来寺山には,スギ,ヒノキの老木が多く,モミ,ツガ,シイノキ,ヤブニッケイヤブツバキなどの自然林が残され,またコノハズクの生息地として有名である。秋葉ダム,佐久間ダム長篠城址などがあり,素朴な山郷に湯谷温泉,塩津温泉などの温泉もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

天竜奥三河国定公園【てんりゅうおくみかわこくていこうえん】

長野・静岡・愛知3県にまたがる国定公園。面積257.56km2。1969年指定。天竜川水系の天竜峡佐久間ダム秋葉山と秋葉ダム,豊川水系の乳岩峡,鳳来(ほうらい)峡,鳳来湖,美濃三河高原の大鈴山,茶臼山,天狗棚(てんぐだな),鳳来寺鳳来寺山などを含む。
→関連項目静岡[県]天竜[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんりゅうおくみかわこくていこうえん【天竜奥三河国定公園】

長野・静岡・愛知三県にまたがる国定公園。中央構造線が通り、地形・地質の変化に富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(静岡県・愛知県)〕天竜奥三河国定公園(てんりゅうおくみかわこくていこうえん)


長野・静岡・愛知の3県にまたがる国定公園。天竜川・豊(とよ)川水系、茶臼(ちゃうす)山・鳳来寺(ほうらいじ)山一帯の高原からなる。面積2万5723ha。1969年(昭和44)指定。1970年東海自然歩道沿線を追加指定。山岳・渓谷・ダム湖の景観に優れる。園内を中央構造線(メディアンライン)が走り、地形・地質は変化に富む。鳳来寺山は古刹(こさつ)鳳来寺と「声のブッポウソウ」の異名をもつコノハズクで知られる。湯谷(ゆや)温泉・赤引(あかひき)温泉・添沢(そえざわ)温泉などの温泉や佐久間(さくま)ダム・長篠(ながしの)城跡など観光名所・史跡も多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竜奥三河国定公園
てんりゅうおくみかわこくていこうえん

天竜川、豊川(とよがわ)水系に沿う、長野・静岡・愛知3県にまたがる山と渓谷美を中心とした国定公園。面積257.23平方キロメートル。1969年(昭和44)国定公園に指定された。70年東海自然歩道沿線を追加。北は天竜峡から南は浜松市浜北区に至る地域を占める。中央構造線が通るため、地形、地質の変化に富み、動植物の種類も多く、霊山、名勝、史跡などに富んでいる。とくに奥三河は伝統民俗芸能の宝庫といわれ、花祭、田楽(でんがく)など有名である。おもな観光地は、鳳来寺(ほうらいじ)山を中心に鳳来寺、東照宮、鳳来峡、乳岩(ちいわ)峡、湯谷(ゆや)温泉、阿寺(あてら)の七滝、長篠(ながしの)城跡など、茶臼(ちゃうす)山を中心に茶臼山高原、ハナノキ群生地、面(めん)ノ木園地など、設楽(したら)町を中心に段戸(だんと)山裏谷(うらだに)公園、岩古谷(いわごや)、添沢(そえざわ)・塩津温泉など、大千瀬(おおちせ)川水系に大入(おおにゅう)渓谷、新豊根ダム、振草(ふりくさ)渓谷自然公園などがある。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天竜奥三河国定公園の関連キーワードつぐ高原グリーンパーク長野県下伊那郡泰阜村愛知県北設楽郡豊根村静岡県浜松市天竜区茶臼山高原スキー場メディアンライン休暇村茶臼山高原天竜ライン下りブッポウソウ津具[村]天竜[村]泰阜[村]天龍(村)豊根[村]根羽[村]下条[村]茶臼山高原佐久間湖松川町根羽村

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android