コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渥美半島 あつみはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渥美半島
あつみはんとう

愛知県南部にある半島。知多半島とともに三河湾をいだく。基盤は赤石山脈の延長で,古生層から成る。その上を洪積層がおおい,全体に台地を形成。最高点は大山 (328m) 。台地は太平洋側が高く三河湾側が低い。太平洋側は海食が著しく,東部では 78mの高さに及ぶ海食崖が発達し,100年間におよそ 100mも海岸が後退した。かつてはシラス,カタクチイワシの地引網漁業が栄えたが,現在は行われていない。大山山麓南部から半島西端は温暖な気候を利用してエンドウダイコン花卉などを多産し,電照菊メロン,トマトの温室園芸も盛ん。一部は 1958年三河湾国定公園に,また一部は 68年渥美半島県立自然公園に指定された。伊良湖岬のシーサイドゴルフ場や国民休暇村など観光開発が盛ん。半島中央部を国道 259号線が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

渥美半島【あつみはんとう】

愛知県南部,遠州灘と三河湾を分けて西方へのびる半島。古生層からなる蔵王,大山などの小山塊を取り巻き洪積台地が広がる。表浜(太平洋岸)は海食により直線状の海崖を呈し〈片浜十三里〉といわれる。
→関連項目愛知[県]赤羽根[町]渥美[町]田原[町]豊川

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あつみはんとう【渥美半島】

愛知県南東部,知多半島とともに三河湾をいだいてほぼ東西方向にのびている半島。赤石山脈から紀伊山地へと続く中央構造線外帯にあり,蔵王山(250m),大山(328m)などの古生層の山地と,渥美層群からなる天伯原などの洪積台地が半島の骨格をなしている。洪積台地は太平洋側に高く,三河湾側にゆるやかに傾斜している。太平洋岸は海食により比高20~70mの断崖が延々と続き,片浜十三里といわれている。縄文後期・晩期の遺跡が田原町(吉胡貝塚),渥美町(伊川津貝塚)にあり,そこから数多く発掘された人骨により,屈葬,抜歯の風習など縄文人の生活が明らかにされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あつみはんとう【渥美半島】

愛知県南部、伊勢湾・三河湾と太平洋を分かつ半島。温室栽培が盛んで、メロンや花卉かきなどを産出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕渥美半島(あつみはんとう)


愛知県南部、豊橋(とよはし)平野から西へ幅約4~7km、約35kmにわたって細長く延びる。北西の知多(ちた)半島とともに三河(みかわ)湾を抱き、南は遠州灘(えんしゅうなだ)に面する。日本海流の影響で気候は温暖。半島南側が高く、北にゆるやかに傾斜する。三河湾側の半島基部は1964年(昭和39)東三河工業整備特別地域に指定され、自動車工場や流通施設が立地する。太平洋岸の表浜(おもてはま)は直線状の海食崖(かいしょくがい)が発達し、片浜(かたはま)十三里ともよばれる。大きな河川がなく乏水(ぼうすい)地帯だったが、1968年(昭和43)豊川(とよがわ)用水が通じ、キャベツ栽培やメロン・トマト・電照ギクの温室園芸農業が盛んになった。西端の伊良湖(いらご)岬は三河湾国定公園の代表的な景勝地。南岸に白砂の恋路ヶ(こいじが)浜がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渥美半島
あつみはんとう

愛知県南部、豊橋(とよはし)市から西へ延びた東西走向の半島。知多(ちた)半島とともに三河湾を抱く。遠州灘(えんしゅうなだ)と三河湾を分離し、遠州灘側を表浜(おもてはま)(外浜とも)、三河湾側を裏浜(うらはま)とよんでいる。表浜は直線状の海食崖(がい)が続き、片浜(かたはま)十三里(伊良湖(いらご)岬―今切(いまぎれ)間約50キロメートル)ともいわれ、裏浜は田原、福江の港もあり変化に富む。半島全体が逆傾斜地形をなし、表浜は海食で後退、裏浜は土砂堆積(たいせき)によるデルタ、砂嘴(さし)、浅海となっている。半島の地質は、基盤岩は秩父中・古生層、その上を不整合に覆うのが第四紀更新世(洪積世)の堆積物で、緩やかな台地状をしている。基盤岩は八名(やな)、弓張(ゆみはり)山地の延長線上に蔵王(ざおう)山、大山(おおやま)、宮山、古山(こやま)などを突出させている。秩父中・古生層はチャートを主体に砂岩、頁(けつ)岩、輝緑凝灰(きりょくぎょうかい)岩で、岬端(こうたん)部には観光シンボルの日出の石門(ひいのせきもん)がある。石門は硬質なチャートである。半島基部の豊橋市の高師原(たかしはら)、天伯原(てんぱくばら)台地は緩やかな波浪状台地をなしている。気候は東海式気候区に属し、無霜期間約270日という温暖な気候で、宮山原始林(暖地性植物)は国の天然記念物に指定されている。豊川用水によって乏水性が解消され、田原(たはら)市は温室園芸が盛んとなり、全国一の電照ギク、メロン、トマトの産地となっている。基部の高師原、天伯原台地は畑地灌漑(かんがい)によるキャベツ、スイカの特産地、大規模養鶏で有名。伊良湖岬は三河湾国定公園の観光拠点で観光施設も整備されている。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渥美半島の関連キーワード杉浦明平(1913~2001)渥美アールスメロン台風十三号始末記ノリソダ騒動記大アラコ古窯跡どうまい牛乳赤羽根[町]伊良湖岬灯台田原[市]田原[町]渥美〈町〉渥美[町]伊良湖水道富山[村]豊橋[市]日本海流温室栽培抑制栽培戸田宗光日間賀島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渥美半島の関連情報