コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊臣秀勝(1) とよとみ ひでかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊臣秀勝(1) とよとみ-ひでかつ

1569-1592 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)12年生まれ。三好吉房の次男。母は豊臣秀吉の姉日秀尼。豊臣秀次の弟。羽柴秀勝(於次(おつぎ))の死後,秀吉の養子となり,丹波亀山城主。天正(てんしょう)18年小田原攻めのあと甲斐(かい)・信濃(しなの)をあたえられ,翌年美濃(みの)岐阜城にうつる。淀殿の妹小督(おごう)(崇源院)と結婚。文禄(ぶんろく)の役で朝鮮に出陣し,天正20年9月9日唐島(巨済島)で病死。24歳。幼名は小吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊臣秀勝(1)の関連キーワード永禄

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android