コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コボ Cobo, Juan

3件 の用語解説(コボの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コボ Cobo, Juan

1546-1592 スペインの宣教師。
ドミニコ会士。1588年フィリピンにわたり布教。天正(てんしょう)20年フィリピンに入貢を要求した豊臣秀吉への答礼使として,マニラ総督ペレス=ダスマリニャスから派遣され来日,肥前名護屋(佐賀県)で秀吉と会見。帰路台湾の沖で遭難,1592年11月同島の住民に殺害された。46歳。トレド出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

コボ

没年:1592.11(1592.11)
生年:生年不詳
スペインドミニコ会士。トレド県コンスエグラ生まれ。オカニャでドミニコ会に入る。アビラの聖トマス修道院で教師をしていたとき,東洋布教を志し,1588年フィリピンに渡り,中国語を学び,中国語の公教要理を編纂した。文禄1(1592)年4月豊臣秀吉が原田孫七郎をフィリピンに派遣し入貢を促したので,同地の総督ペレス・ダスマリニャスの要請により,書状を携えて同年6月薩摩に上陸,肥前名護屋(佐賀県東松浦郡鎮西町)で秀吉に謁した。帰任途中台湾沖で遭難し,島民により殺害された。<参考文献>C.ニエト著,久富紀子訳『ドミニコ会の愛と受難』,D.Aduarte 《Historia de la Provincia del Santo Rosario de la Orden de Predicadores en Filipinas,Japo´n y China》Ⅰ

(野間一正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コボ【Bernabé Cobo】

1580‐1657
スペイン人聖職者,クロニスタ(年代記作者)。15歳で故国を離れ,イスパニオラ島や中央アメリカを経て,1599年にペルーへ渡る。1601年イエズス会に入り,クスコで司祭に叙品。ペルー副王領を広く旅し,インカ帝国に関する情報を収集。中米を横断してメキシコを訪れ,ペルーに帰還後《新世界史Historia del Nuevo Mundo》(1653)を完成。3部43巻の大著で,現存するのは第1部14巻(アメリカの自然およびインディオについて)とリマ市建設の歴史を記した第2部の3巻のみであるが,文化人類学の研究資料として貴重である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コボの関連キーワードコボ文禄足利義晴表千家千道安千少庵金沢城国泰寺(富山県)石川数正梅北国兼

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コボの関連情報