コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象牙椰子 ゾウゲヤシ

2件 の用語解説(象牙椰子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞうげ‐やし〔ザウゲ‐〕【象牙×椰子】

ヤシ類のうち、種子の胚乳(はいにゅう)が非常に硬いものの総称。熱帯アメリカ南洋諸島アフリカなどに産し、高さ6~10メートル、幹の頂部に羽状複葉の葉が多数つく。果実は長さ10~20センチで丸く、中の白色の胚乳をボタンその他の細工物に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうげやし【象牙椰子】

ヤシ科の常緑樹のうち種子の胚乳を工芸材料にする数種のヤシの総称。南太平洋諸島・ソロモン諸島・熱帯アメリカ・熱帯アフリカなどの産。胚乳は乳白色で硬く、植物象牙と呼ばれ、ボタンや傘の柄に加工する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone