象牙椰子(読み)ゾウゲヤシ

デジタル大辞泉の解説

ぞうげ‐やし〔ザウゲ‐〕【象牙×椰子】

ヤシ類のうち、種子の胚乳(はいにゅう)が非常に硬いものの総称。熱帯アメリカ・南洋諸島・アフリカなどに産し、高さ6~10メートル、幹の頂部に羽状複葉の葉が多数つく。果実は長さ10~20センチで丸く、中の白色の胚乳をボタンその他の細工物に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうげやし【象牙椰子】

ヤシ科の常緑樹のうち種子の胚乳を工芸材料にする数種のヤシの総称。南太平洋諸島・ソロモン諸島・熱帯アメリカ・熱帯アフリカなどの産。胚乳は乳白色で硬く、植物象牙と呼ばれ、ボタンや傘の柄に加工する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる