コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豪円 ごうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豪円 ごうえん

?-1611 織豊-江戸時代前期の僧。
天台宗。生地伯耆(ほうき)(鳥取県)の大山(だいせん)寺で出家。比叡山(ひえいざん)東塔地福院住持となる。のち備前(岡山県)金山寺や比叡山,大山寺の堂塔再建につくす。江戸寛永寺,羽黒山学頭もつとめた。慶長16年6月5日死去。俗姓は中津。法名ははじめ円智。号は無安庵。著作に「巡礼所作次第」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごうえん【豪円】

1535‐1611(天文4‐慶長16)
安土桃山~江戸初期の天台僧。現在の鳥取県西伯郡淀江町福岡に生まれ,幼にして大山(だいせん)寺に登って出家得度した。永禄年中(1558‐70)比叡山東塔西谷地福院の住持となったといわれるが,それまで大山寺にのみ住山していたかどうか明らかでない。1568年(永禄11)ごろ,備前金山(かなやま)寺(岡山市)の住持となり,松田氏によって焼かれた堂塔の再建に努めた。幸い宇喜多直家の帰依をうけ,75年(天正3)堂塔伽藍を再興し,旧観に復した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

豪円の関連キーワード大山寺(だいせんじ、鳥取県)だいせんホワイトリゾート大山隠岐国立公園大山(鳥取県)大山(鳥取)天台宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android