コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山寺 タイサンジ

6件 の用語解説(大山寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいさん‐じ【大山寺】

神奈川県伊勢原市大山(おおやま)にある真言宗大覚寺派の寺。山号は雨降山(あぶりさん)。開創は天平勝宝7年(755)、開山は良弁。鎌倉末期に真言僧の願行が再興、江戸時代には大山講として関東一円に信仰された。神仏分離後は、阿夫利神社と大山不動尊に分立。おおやまでら。

だいせん‐じ【大山寺/大仙寺】

鳥取県西伯郡大山町、大山の中腹にある天台宗別格本山。山号は角磐山。草創は奈良時代。古くから山岳修験道の道場であったが、貞観年間(859~877)円仁が堂宇を建立し、天台宗に改めたという。明治維新後の神仏分離で廃寺となったが、明治36年(1903)復号を許された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大山寺【だいせんじ】

鳥取県大山町にある天台宗の寺。大仙寺とも書く。奈良時代に金蓮(こんれん)が開創。円仁が丈六の地蔵菩薩をまつり,堂宇を建立した。中世以後,修験道の大道場として栄えた。
→関連項目円教寺大山(鳥取)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大山(だいせん)寺

鳥取県西伯郡大山町にある寺院。養老年間(717~724)創建。天台宗別格本山、本尊は地蔵菩薩。阿弥陀堂は国の重要文化財に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいせんじ【大山寺】

鳥取県西伯郡大山町にある天台宗の寺。山号は角磐山。寺伝によれば,出雲国玉造の俊方という猟師が地蔵菩薩の霊験によって発心し,金蓮上人となって開基したという。古代から神聖な山と仰がれた大山は,平安時代に入ると修験道の行場として知られるようになった。やがて,地蔵菩薩を本地とする大智明権現を核に,釈迦,阿弥陀,大日の信仰をそれぞれ中心とする南光院,西明院,中門院と付属の堂舎僧坊群が形成され,延暦寺の末寺に組み入れられていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいせんじ【大山寺】

鳥取県大山町にある天台宗の寺。山号、角磐山。718年頃金蓮の開創という。円仁が中興。江戸初期に豪円が再興。本尊地蔵菩薩。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大山寺の言及

【大山】より

… 大山の標高は富士山の半分にもみたないが,日本海に近く,直接北西季節風の影響を受けるため,気候の垂直的変化が大きく,生物相も多彩である。山麓一帯は栗,ナラなどの落葉樹や松,杉の針葉樹林で,標高660mの大山寺付近からブナ,ミズナラなどの落葉広葉樹林帯となる。ブナは大山を代表する樹木で,初夏は緑,秋はあざやかな黄色で山を彩る。…

【伯耆国】より

…国内の式内社は,国名のもとになったとされる天神川下流域の波々伯(ははき)神社を含め6座(いずれも小社)を数えるにすぎないが,大山(だいせん)や三徳(みとく)山など古来著名な修験霊場が多くの崇敬を集めていた。これらの山には平安期に大山寺三仏寺などの山岳寺院が建立され,密教系寺院の一大勢力地域を形成した。中でも大山寺は平安末期の最盛期には300名に上る僧兵を擁したといわれ,山陰地域一帯に勢力を誇った。…

※「大山寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大山寺の関連情報