コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝原和軒 かいばら わけん

1件 の用語解説(貝原和軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貝原和軒 かいばら-わけん

1671-1733 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文11年生まれ。貝原楽軒の次男。貝原好古の弟。生涯仕官せず,筑前(ちくぜん)(福岡県)那珂郡に隠棲する。歌道にも通じた。門人に西村恕軒がいる。享保(きょうほう)18年7月死去。63歳。名は常春。字(あざな)は元夫。通称は百太夫,安平。別号に清々翁。著作に「瀛津(おきつの)宮大略」。歌集に「和軒吟草」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

貝原和軒の関連キーワード常行韋天祖昶芝崎好高太兵衛多羅尾永陸寺沢友斎深尾省斎細川有孝曲淵景衡梁田毅斎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone