コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝殻虫 カイガラムシ

1件 の用語解説(貝殻虫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいがら‐むし〔かひがら‐〕【貝殻虫】

半翅(はんし)目カイガラムシ上科の昆虫の総称。二齢以降の幼虫は体から蝋(ろう)物質などを分泌して貝殻状のものを作り、植物に固着して樹液を吸う。雌の成虫は幼虫の形態があまり変化せず、無翅(むし)で貝殻状。雄の成虫は2枚の翅(はね)をもち飛ぶ。ルビーロウムシヤノネカイガラムシなどがあり、多くは害虫であるが、ラックカイガラムシイボタロウムシなど有用のものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝殻虫の関連キーワード軍配虫鍋蓋虫ラック貝殻虫綿吹貝殻虫綿虫椿象長椿象矢の根貝殻虫ケルメスカイガラムシ(介殻虫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貝殻虫の関連情報