コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝殻虫 カイガラムシ

デジタル大辞泉の解説

かいがら‐むし〔かひがら‐〕【貝殻虫】

半翅(はんし)目カイガラムシ上科の昆虫の総称。二齢以降の幼虫は体から蝋(ろう)物質などを分泌して貝殻状のものを作り、植物に固着して樹液を吸う。雌の成虫は幼虫の形態があまり変化せず、無翅(むし)で貝殻状。雄の成虫は2枚の翅(はね)をもち飛ぶ。ルビーロウムシヤノネカイガラムシなどがあり、多くは害虫であるが、ラックカイガラムシイボタロウムシなど有用のものもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

貝殻虫の関連キーワード石灰硫黄合剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貝殻虫の関連情報