コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負所 おっしょ

世界大百科事典 第2版の解説

おっしょ【負所】

中世において,田地に賦課された所当官物(租税)の一部または雑役が免除され,その免除分が納入されたところ。本来は作人の側からの言葉であったが,のちには荘園領主側がそのような収入のある田地を負所と呼ぶようになった。興福寺雑役免田や東大寺の大仏供白米免田,香菜免田,御油免田,華厳会免田等の諸荘園は,いずれも負所から成る荘園であった。負所から成る荘園は,多くの場合,水害とか干害等により稲が不熟の年であってもその得分(収益)権は保障されていたが,得分は反別1斗程度の少量であり,荘園領主は下地に対する支配権をもたなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

負所の関連キーワード島村 俊広勝負所池田荘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android