コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政融資資金特別会計 ザイセイユウシシキントクベツカイケイ

デジタル大辞泉の解説

ざいせいゆうししきん‐とくべつかいけい〔‐トクベツクワイケイ〕【財政融資資金特別会計】

社会資本整備中小企業への融資など国の施策による事業を行う地方公共団体や銀行などへの融資を目的とする財政融資資金一般会計から区別して管理するために設置された会計。財務省が管理する特別会計の一。資金は主として財投債の発行により金融市場から調達し、長期・低利などの有利な条件で支援先の財投機関に融資される。
[補説]以前は資金運用部特別会計とよばれていたが、財政投融資改革を機に平成13年度(2001)から平成19年度(2007)までの間、財政融資資金特別会計となった。平成20年度(2008)からは平成19年(2007)施行の「特別会計に関する法律」に基づいて財政投融資特別会計と名称が変更されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財政融資資金特別会計
ざいせいゆうししきんとくべつかいけい

2001年度(平成13)から2007年度までの間、財政融資資金の運用に関する歳入歳出を一般会計と区分して経理するために設置された特別会計。従来の資金運用部にかわって特殊法人などに資金を供給し、財投債(国債)を市場で発行して資金調達していた。2008年度より、財政投融資特別会計へとひきつがれた。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone