コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫属 カンゾク

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぞく〔クワン‐〕【貫属】

戸籍のある土地。本籍地。→貫籍(かんじゃく)
明治時代、その人がある地方自治体の管轄に属すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぞく【貫属】

戸籍のある土地。
明治期、地方自治体の管轄に属すること。 「東京府-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貫属の関連キーワード伊達 宗基藤堂 高邦宇都宮黙霖明治時代徳川茂承東京府本籍地貫籍

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android