コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫目 カンメ

デジタル大辞泉の解説

かん‐め〔クワン‐〕【貫目】

貫(かん)1」に同じ。「体重が一五貫目になる」
物の重さ。目方。「小包の貫目を量る」
身に備わった威厳。貫禄。
「芸者の位も上り―もついた」〈荷風腕くらべ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんめ【貫目】

」に同じ。 「体重が二-増えた」
重さ。目方。 「荷物の-を量る」
人に備わった重々しさ。貫禄。 「 -が違う」 「勅任以上の-があるやうに見える/社会百面相 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の貫目の言及

【貫】より

…この名称は銅銭1000枚の穴に緡(びん)(鏹(きよう)ともいい,ぜにざしのこと)を貫いて束ねたことに由来し,日本でも唐銭,宋銭の流入に伴って室町時代前後から用いられるようになった。江戸時代になると通貨は基本を異にする金,銀,銭の3貨に分かれ,基本単位は金貨が小判の両(=4分=16朱),銀貨が匁,銭貨が文であり,銀貨1000匁を1貫目,銭貨1000文を1貫文と呼んだ。このうち銀貨は秤量(ひようりよう)通貨であり,単位の匁や貫目は質量(目方)の単位である。…

※「貫目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貫目の関連キーワード伏見屋四郎兵衛差す手引く手海舶互市新例空尻・軽尻立てり商ひ押っ取ってしこためる内儀・内義定高貿易法みしゃぐ貫目改所仕切り金砂にする所務分けえじめるてから隠居分秋買ひ茶化す振回し

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貫目の関連情報