賀原夏子(読み)かはら なつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀原夏子 かはら-なつこ

1921-1991 昭和時代の女優,演出家。
大正10年1月3日生まれ。昭和13年文学座研究所に1期生としてはいる。38年退座するまで「二十六番館」「島」などで老け役を演じる。39年矢代静一らと劇団NLTを結成。44年演出家としてデビューし,「ササフラスの枝にそよぐ風」などを手がけた。平成3年2月20日死去。70歳。東京出身。東洋英和女学校卒。本名は塚原初子。
格言など】初めて死ぬのに,この経験が役者として役に立たないのが口惜しい

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賀原夏子の関連情報