コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀原夏子 かはら なつこ

1件 の用語解説(賀原夏子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀原夏子 かはら-なつこ

1921-1991 昭和時代の女優,演出家。
大正10年1月3日生まれ。昭和13年文学座研究所に1期生としてはいる。38年退座するまで「二十六番館」「島」などで老け役を演じる。39年矢代静一らと劇団NLTを結成。44年演出家としてデビューし,「ササフラスの枝にそよぐ風」などを手がけた。平成3年2月20日死去。70歳。東京出身。東洋英和女学校卒。本名は塚原初子。
【格言など】初めて死ぬのに,この経験が役者として役に立たないのが口惜しい

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

賀原夏子の関連キーワード水谷竹紫小崎政房佐々木隆常盤操子鳥尾鶴代中畑道子八田元夫三谷礼二山根寿子吉川満子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone