賃金ベース(読み)ちんぎんベース

精選版 日本国語大辞典「賃金ベース」の解説

ちんぎん‐ベース【賃金ベース】

〘名〙 (ベースはbase) 労働者に支払われる賃金を平均したもの。労働者全体の基準賃金の支給額合計を総労働人員数で除する。本来は公定価格あるいは公共事業の経費を決める場合に、生産原価または事業単価の一要素として算定する労働者一人当たりの平均日額もしくは月額賃金をさした。
※第3ブラリひょうたん(1951)〈高田保〉雲をつかむ「恩給というものはあるのだが、その額は大昔の賃金ベースに基づいたものだから、配給物を一度買っただけで一年分はふっ飛んでしまう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

人材マネジメント用語集「賃金ベース」の解説

賃金ベース

・Wage Base
・一般的には、各企業における平均賃金水準を指すことが多い。
・賃上げ交渉などには、「当社の賃金ベースはXX円」といった表示を行い、賃上げ額や賃上げ率を算出する算定基礎額として用いる。
・ただし、企業によって、当該賃金ベースに含まれる賃金の範囲は異なるために、単純比較できない部分もあるため、注意が必要になる。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

デジタル大辞泉「賃金ベース」の解説

ちんぎん‐ベース【賃金ベース】

賃金の支払総額をそこで働く労働者の総数で除した平均賃金。企業別・産業別・地域別などで表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android