コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金ベース チンギンベース

デジタル大辞泉の解説

ちんぎん‐ベース【賃金ベース】

賃金の支払総額をそこで働く労働者総数で除した平均賃金。企業別・産業別・地域別などで表される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

賃金ベース

・Wage Base
・一般的には、各企業における平均賃金水準を指すことが多い。
賃上げ交渉など際には、「当社の賃金ベースはXX円」といった表示を行い、賃上げ額や賃上げ率を算出する算定基礎額として用いる。
・ただし、企業によって、当該賃金ベースに含まれる賃金の範囲は異なるために、単純比較できない部分もあるため、注意が必要になる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちんぎんベース【賃金ベース】

企業別・産業別・地域別などに、賃金の支給総額を労働者の総数で除した平均賃金。賃上げ闘争の材料に使われた。 → ベース-アップ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

賃金ベースの関連キーワードベースアップ嵩上げ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賃金ベースの関連情報