コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金審議会 ちんぎんしんぎかい

1件 の用語解説(賃金審議会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぎんしんぎかい【賃金審議会】

政府が法定最低賃金を決定するさい,あらかじめ諮問する機関を設け,それの答申を得て決定する方式があり,その機関を賃金審議会という。一般に,労・使各代表のほか中立または学識経験者からなる3者構成である。イギリスの賃金審議会は,労使代表の妥協への斡旋(あつせん)をするのが中立委員の任務であると考えられ,最低賃金のほか,所定労働時間,有給休日,年次有給休暇,超過労働に対する割増率をも決める権限が与えられており,業種別に40以上も設けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賃金審議会の関連情報