コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金審議会 ちんぎんしんぎかい

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぎんしんぎかい【賃金審議会】

政府が法定最低賃金を決定するさい,あらかじめ諮問する機関を設け,それの答申を得て決定する方式があり,その機関を賃金審議会という。一般に,労・使各代表のほか中立または学識経験者からなる3者構成である。イギリスの賃金審議会は,労使代表の妥協への斡旋(あつせん)をするのが中立委員の任務であると考えられ,最低賃金のほか,所定労働時間,有給休日,年次有給休暇,超過労働に対する割増率をも決める権限が与えられており,業種別に40以上も設けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

賃金審議会の関連キーワード地方最低賃金審議会中央最低賃金審議会最低賃金審議会船員労働委員会金子 美雄三瓶 孝子中山伊知郎最低賃金法最低賃金制津田真澂金子美雄労働省英語

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賃金審議会の関連情報