賃金審議会(読み)ちんぎんしんぎかい

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぎんしんぎかい【賃金審議会】

政府が法定最低賃金を決定するさい,あらかじめ諮問する機関を設け,それの答申を得て決定する方式があり,その機関を賃金審議会という。一般に,労・使各代表のほか中立または学識経験者からなる3者構成である。イギリスの賃金審議会は,労使代表の妥協への斡旋(あつせん)をするのが中立委員の任務であると考えられ,最低賃金のほか,所定労働時間,有給休日,年次有給休暇,超過労働に対する割増率をも決める権限が与えられており,業種別に40以上も設けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賃金審議会の関連情報