コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦物 ふしもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賦物
ふしもの

連歌,俳諧の用語。連歌連句において,句のなかに「物」の名を「賦 (くば) 」り詠み込むこと。『水無瀬三吟百韻 (みなせさんぎんひゃくいん) 』の題は「賦何人 (ふすなにひと) 連歌」で,発句の「雪ながら山本かすむ夕べかな」のなかの「山」を,題の「何」と置き換えると「山人」という熟語ができる。「何」が上にあるのを上賦 (うわぶし) ,下にあるのを下賦 (したぶし) という。ほかに一字露顕,二字反音,三字中略,四字上下略などの賦物がある。賦物は,古くは各句に行われたが,のちには発句だけになり,俳諧では初期にわずかに行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の賦物の言及

【連歌】より

… 連歌の詠作上の約束事は多岐にわたるが,主要な点は以下のごとくである。第1に〈賦物(ふしもの)〉というものがある。賦物は元来各句に用語上の制限を加えて全体を統制する役目を持ち,連歌の言語遊戯的側面を支える重要な契機であったらしく,初期には多種多様であった。…

※「賦物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賦物の関連キーワード本朝無題詩中村敲石筑波問答

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android