コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤かび病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑の解説

赤かび病(ソルガム・スーダングラス)

暖地での発生が多い穂をかびさせる糸状菌病。夏の終わりから秋にかけて発生し、穂に淡紅色または鮭肉色のかびを生じる。病勢が進むと紫黒色となり、穂軸まで侵されることもある。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

赤かび病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワードオオムギ赤かび病アカカビ赤黴病暖地

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android