コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤かび病(ライグラス)

1件 の用語解説(赤かび病(ライグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

赤かび病(ライグラス)

穂での発生が問題になる糸状菌病。穎花が赤〜褐色となり、穎の合わせ目などにピンク色のかびが生える。葉でも発生し、米粒大程度の同心輪紋を持つ楕円形病斑を形成する。病原菌は土壌中でも長く生存し、これが一次伝染源となる。他にイネ、麦類など多くの穀類で発生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤かび病(ライグラス)の関連キーワード赤かび病(ソルガム・スーダングラス)すす穂病(ソルガム・スーダングラス)ひょう紋病(オーチャードグラス)角斑病(オーチャードグラス)赤かび病(フェスク)黒斑病(レッドトップ)角斑病(ベルベットグラス)褐点病(ローズグラス)すす葉枯病(ローズグラス)赤かび病(パスパルム)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone