コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤井忠家 あかい ただいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤井忠家 あかい-ただいえ

1549-1605 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。赤井家清(いえきよ)の子。叔父荻野直正に補佐されて丹波奥三郡(兵庫県)を支配。天正7年本拠の黒井城を明智光秀に攻められて逃亡。のち豊臣秀吉につかえたが,関ケ原の戦いで徳川家康にしたがい功をたてた。慶長10年4月29日死去。57歳。通称は市郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤井忠家の関連キーワードレオ11世フョードル2世岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱日本史

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android