コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤井忠家 あかい ただいえ

1件 の用語解説(赤井忠家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤井忠家 あかい-ただいえ

1549-1605 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。赤井家清(いえきよ)の子。叔父荻野直正に補佐されて丹波奥三郡(兵庫県)を支配。天正7年本拠の黒井城を明智光秀に攻められて逃亡。のち豊臣秀吉につかえたが,関ケ原の戦い徳川家康にしたがい功をたてた。慶長10年4月29日死去。57歳。通称は市郎兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤井忠家の関連キーワード鎌田政近順専正玄正山菅沼定仍雪林大室永廓伝古等木山本玄常