コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松則繁 あかまつ のりしげ

2件 の用語解説(赤松則繁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松則繁 あかまつ-のりしげ

?-1448 室町時代の武将。
赤松義則(よしのり)の子。赤松満祐(みつすけ)の弟。嘉吉(かきつ)元年兄とともに6代将軍足利義教(よしのり)を殺害(嘉吉の乱)。幕府の追討軍と播磨(はりま)(兵庫県)城山(きのやま)城でたたかい,敗れて九州にのがれる。のち朝鮮にわたり文安5年肥前にもどる。少弐(しょうに)教頼とともに大内教弘(のりひろ)を攻めるが敗れ河内(かわち)(大阪府)へ逃亡。甥(おい)の赤松則尚に同年8月8日討たれた。49歳とされる。通称は三郎,左馬助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松則繁

没年:文安5(1448)
生年:生年不詳
室町時代の武将。義則の子。通称三郎。左馬助。将軍足利義教の近習であったが,嘉吉1(1441)年6月の義教弑逆事件では兄満祐の子教康と共に首謀者的役割を果たした。即日一族と共に播磨に下向し,8月,明石の和坂,9月,本拠城山城で室町幕府の追討軍と戦ったが相次いで敗れた(嘉吉の乱)。その後播磨を脱し,菊池氏を頼って九州に逃れたが,嘉吉3年ごろには朝鮮に渡って大暴れしていたという。倭寇に加わったものであろう。文安5(1448)年1月肥前に戻り,少弐教頼と共に大内教弘と戦ったが敗れ播磨,河内へと逃亡。7月の末ごろ,河内当麻に潜んでいたところを細川持常の指示を受けた甥の赤松則尚に討たれた。足利義持執政期の応永31(1424)年に,酒席での諍いから近習の安東某を刺殺するという事件を起こしたことがあり,直情型の性格が窺える。

(榎原雅治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤松則繁の関連キーワード慶徳家義足利義永蘆名盛久菊池兼朝詫磨親家詫磨満親伊達範宗長尾房景松平親則脇屋義則

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone