コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水峠 しみずとうげ

6件 の用語解説(清水峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水峠
しみずとうげ

群馬県北部,みなかみ町新潟県南東部,南魚沼市との境にある三国山脈越えの峠。標高 1448m。古くは南西に位置する三国峠とともに,三国山脈を横断する重要な通路であった。中世には三国街道後閑六日町 (→六日 ) を結ぶ近道の清水越往還が通っていたが,峠が険しく,江戸時代には廃道同様になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しみず‐とうげ〔しみづたうげ〕【清水峠】

新潟・群馬県境にある三国山脈を越える峠。地形が険しいために通行者が少なかった。標高1448メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清水峠【しみずとうげ】

群馬・新潟県境,三国山脈の笠ヶ岳と七ッ小屋山の鞍(あん)部にある峠。標高1448m。中世末期,直越(すぐごえ)の峠と呼ばれ上野(こうずけ)と越後を結ぶ清水街道が通じ,上杉氏の上野侵攻に用いられたと伝えているが,険路のため近世は衰微。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しみずとうげ【清水峠】

群馬県北部,利根郡水上町と新潟県南魚沼郡塩沢町の境にある三国山脈越えの峠。標高1448m。谷川岳の北東,笠ヶ岳と七ッ小屋山の間にある。中世から関東と越後の連絡路が通り,近世初期には参勤交代路であった。南西の三国峠に比べ地形がけわしいため,万治年間(1658‐61)に三国峠越えの三国街道が主要交通路となり,幕末までの利用は少なかった。1874年に清水峠越えの新道が開削されてから,三国峠越えとともに関越交通路として利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(新潟県)〕清水峠(しみずとうげ)


群馬県と新潟県の間にある峠。旧道は三国(みくに)山脈の七ツ小屋(ななつごや)山東方の鞍部(あんぶ)を越え、標高は約1450m。古くから上州の沼田(ぬまた)と越後(えちご)の六日町(むいかまち)を結ぶ近道として知られ、「直越(すぐごえ)」ともよばれた。1874年(明治7)に山岳道路開通、1885年には拡幅された新道が開通、三国峠とともに新潟と関東地方を結ぶ要路となった。しかし、1931年(昭和6)に南西約5.5kmの一ノ倉(いちのくら)岳直下を鉄道の清水トンネルが開通して以降、登山道としてのみ利用され、交通路としては完全にすたれた。1982年開業した上越新幹線大清水トンネルは、清水トンネルよりさらに南4kmの谷川岳西方を抜ける。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水峠
しみずとうげ

群馬・新潟両県の県境にあって三国(みくに)山脈を横断する峠の一つ。谷川岳(たにがわだけ)の北北東で標高1448メートル。南西の三国峠と対比される。上越間の通路として中世末期には直越峠(すぐごえのとうげ)といわれたが、地形が険阻で三国峠より約200メートル高いので、江戸時代には廃道同然となった。そこで1885年(明治18)群馬県の沼田(ぬまた)、湯檜曽(ゆびそ)を経て峠を越え、新潟県の六日町(むいかまち)(現、南魚沼(みなみうおぬま)市)に至る幅5メートルの国道が設けられ、三国峠越えよりも距離を約10%(約20キロメートル)短縮した。のち新潟―東京間の近道として利用されたが、1893年信越本線、1931年(昭和6)国鉄(現JR)上越線の全通で、峠を利用する人は激減した。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清水峠の言及

【峠】より

…しかし59年峠の直下に三国トンネルが開通し,車道(国道17号線)が通じて再び活気を取り戻している。その北の清水峠(1448m)は明治初年に新道が開削され一時期利用されていたが,上・信越線開通の影響でまったく衰えてしまった。このように街道の通過する峠には歴史的に古いものが多く,重要なものについては峠道が併設されて複数の峠が隣接する。…

※「清水峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清水峠の関連キーワード三国山脈三国峠北越群馬県前橋市大手町群馬県高崎市金古町群馬県北群馬郡群馬県佐波郡群馬県富岡市下高尾群馬県多野郡新潟県南魚沼郡湯沢町三国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水峠の関連情報