コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤瀬川隼 アカセガワシュン

3件 の用語解説(赤瀬川隼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかせがわ‐しゅん〔あかせがは‐〕【赤瀬川隼】

[1931~2015]小説家。三重の生まれ。本名、隼彦(はやひこ)。小説家・美術家である赤瀬川原平(げんぺい)の兄。銀行員などを経て作家活動に入る。「白球残映」で直木賞受賞。特に野球小説に健筆をふるう。他に「球は転々宇宙間」「潮もかなひぬ」「ホモ・アピアランス」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤瀬川隼【あかせがわしゅん】

小説家。三重県四日市生まれ。本名赤瀬川隼彦。父親の転勤で,名古屋・横浜・芦屋・門司・大分と各地を転々とし,大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤瀬川隼 あかせがわ-しゅん

1931-2015 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年11月5日生まれ。赤瀬川原平の兄。銀行員などをへて文筆業に転じる。昭和58年近未来野球小説「球は転々宇宙間」で吉川英治文学新人賞。平成7年「白球残映」で直木賞恋愛小説歴史小説も手がけた。平成27年1月26日死去。83歳。三重県出身。大分第一高(現・大分上野丘高)卒。本名は隼彦(はやひこ)。作品はほかに「潮もかなひぬ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤瀬川隼の関連キーワード赤江瀑三田誠広三好京三三好徹石和鷹稲見一良清水一行団鬼六富島健夫広瀬仁紀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤瀬川隼の関連情報