コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤瀬川隼 アカセガワシュン

デジタル大辞泉の解説

あかせがわ‐しゅん〔あかせがは‐〕【赤瀬川隼】

[1931~2015]小説家。三重の生まれ。本名、隼彦(はやひこ)。小説家・美術家である赤瀬川原平(げんぺい)の兄。銀行員などを経て作家活動に入る。「白球残映」で直木賞受賞。特に野球小説に健筆をふるう。他に「球は転々宇宙間」「潮もかなひぬ」「ホモ・アピアランス」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤瀬川隼【あかせがわしゅん】

小説家。三重県四日市生まれ。本名赤瀬川隼彦。父親の転勤で,名古屋・横浜・芦屋・門司・大分と各地を転々とし,大分第一高等学校(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤瀬川隼 あかせがわ-しゅん

1931-2015 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年11月5日生まれ。赤瀬川原平の兄。銀行員などをへて文筆業に転じる。昭和58年近未来野球小説「球は転々宇宙間」で吉川英治文学新人賞。平成7年「白球残映」で直木賞。恋愛小説や歴史小説も手がけた。平成27年1月26日死去。83歳。三重県出身。大分第一高(現・大分上野丘高)卒。本名は隼彦(はやひこ)。作品はほかに「潮もかなひぬ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤瀬川隼の関連キーワードホモアピアランス11月5日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android