超常現象(読み)チョウジョウゲンショウ

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじょうげんしょう【超常現象】

paranormal phenomenaの訳語。超心理学ではサイ現象とよぶ(サイpsiはギリシア語のプシュケーpsychēに由来し,心,魂の意味)。ふつうESP念力の二つをあげることが多い。通常人にない超能力をもつ人が経験しやすい現象で,有名な宗教家などにはこのような能力をそなえた人物が多い。このほか,死者の姿をみたり,奇跡的な治療を行ったりする現象も超常現象に含まれるが,そのメカニズムはまだ十分明らかでないので,これらは心霊現象とよぶ場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうじょうげんしょう【超常現象】

自然界の法則を超越していて合理的な説明が不可能であるような現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうじょう‐げんしょう テウジャウゲンシャウ【超常現象】

〘名〙 現在の自然科学では合理的な説明のできない現象。超能力による予知・透視などや宗教的奇跡の類。〔マイ・コンピュータ入門(1977)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の超常現象の言及

【シュルレアリスム】より

…もと精神科の医学生だったブルトンによる精神分析学,とくにその無意識説の文学への導入は,フランスでも最も早い例に属する。その後も彼はこれを独自に摂取しつつ,夢,狂気,偶然,ユーモアなどについての考察を継続するが,他方,いわゆる〈超常現象〉への関心が並行してあったことも見のがせない。マイヤーズF.W.H.Myersらの超心理学説ばかりでなく,古今の隠秘学者(オカルティスト),神秘主義者たちの著作もまた,シュルレアリスムの重要な思想的源泉である。…

※「超常現象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超常現象の関連情報