コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超新星エコー ちょうしんせいエコーsupernova echo

1件 の用語解説(超新星エコーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超新星エコー
ちょうしんせいエコー
supernova echo

大マゼラン雲に超新星 1987Aが出現してから1年後の 1988年2月,光の数十倍の速度で膨張する,超新星を取り巻く二重のリングが発見された。これは,爆発直後に超新星から地球とは別の方向に出た光が,たまたまその先にあった2つの板状の星間雲に反射して,こだま (エコー) のように遅れて地球に届いたものと思われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超新星エコーの関連キーワード電子ニュートリノ主系列星重力収縮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone