コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越殿楽 えてんらく

百科事典マイペディアの解説

越殿楽【えてんらく】

越天楽とも記す。雅楽の唐楽の曲名。舞は伝わらず管弦としてのみ演奏される。盤渉調(ばんしきちょう),黄鐘調(おうしきちょう),平調(ひょうぢょう)の3通りの調子で演奏され,盤渉調のものが原曲と考えられるが,平調のものが最も有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えてんらく【越殿楽】

雅楽,管絃の曲名。越天楽とも書く。唐楽平調(ひようぢよう)・黄鐘(おうしき)調・盤渉(ばんしき)調の三調子の曲がある。舞はなく,管絃のみで奏される。平調の曲が原曲ともいわれ,堀河天皇(在位1086‐1107)のころに,仏事に際して奏するために笛の名手,大神惟季が盤渉調に渡したと伝えられる。黄鐘調に渡された年代は不明。平調の旋律は,平安時代に好まれたらしく,それに詞章を当てはめた〈越天楽歌物(うたいもの)〉も生まれ,〈越天楽今様〉として残されて福岡県の《黒田節》はその民謡化した例で《筑前今様》ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の越殿楽の言及

【雅楽】より

…調子はまた一定の情緒や状況とも関連づけられることがあり,たとえば盤渉調は深い哀しみをたたえた調子であるとされ,葬礼などで奏されることが多い。盤渉調《越殿楽(えてんらく)》はその代表曲であるが,同じく盤渉調の《白柱》《竹林楽》などはもっぱら葬礼曲として奏される。 雅楽曲は本来の調子から別の調子に渡し(移し)て編曲されることがあり,これを〈渡物(わたしもの)〉という。…

※「越殿楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越殿楽の関連情報