コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足入婚 あしいれこん

百科事典マイペディアの解説

足入婚【あしいれこん】

婚礼は婿方で催す(嫁入婚)が,夫婦の寝所は嫁方にもつ(婿入婚)もので,婿入婚が嫁入婚に転換する過程の折衷形式。嫁が主婦になると初めて婿方へ移る形,内輪の式で婿の家に泊りに行き,のち改めて正式の披露をする形式もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の足入婚の言及

【足入れ】より

…アシイレを行う婚姻はいずれも終局的には夫方居住(嫁入り)の形をとり,妻は夫方集団に受け入れられる。一時的訪婚を前提としてアシイレを行う婚姻をとくに〈足入婚〉とよび,〈聟入婚(妻方のち夫方居住婚)〉から〈嫁入婚(夫方居住婚)〉へ推移する過程において生じたとする考えがある。【植松 明石】。…

※「足入婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android