コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利義嗣 あしかがよしつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利義嗣
あしかがよしつぐ

[生]応永1(1394)
[没]応永25(1418).1.24. 京都
室町時代の武将。義満の子。三千院に入室,のち還俗し,上杉氏憲 (禅秀) や足利満隆と結び,将軍義持に反逆して殺された。 (→上杉禅秀の乱 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利義嗣 あしかが-よしつぐ

1394-1418 室町時代の武将。
応永元年生まれ。足利義満の次男。三千院にはいったが,父の寵愛(ちょうあい)をうけ応永15年還俗(げんぞく)。家督相続者と目されていたが,父が死ぬと兄義持(よしもち)が4代将軍となり,兄弟の対立がふかまる。上杉禅秀の乱に呼応して挙兵をくわだてるが失敗,京都相国(しょうこく)寺に幽閉され,応永25年1月24日殺された。25歳。法名は道純。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

足利義嗣

没年:応永25.1.24(1418.3.1)
生年:応永1(1394)
室町時代の武将。義満の子で義持の弟。母は室町幕府評定衆摂津能秀の娘(春日局)。義満には子女が多く,嫡男義持を除き男子は寺社掌握策に従って有力寺院の門跡に入れられ,高僧の地位を期待された。義嗣も幼少にして三千院に入室,稚児となった。しかし応永13(1406)年末,嫡妻康子を准母となし皇位簒奪計画が実行段階に至ったと判断した義満は,皇位継承者として義嗣に白羽の矢を立て,還俗させて康子の猶子とし,北山第南御所に住まわせた。以後義嗣は南御所若公と称された。同15年2月,藤原忠実に倣って童殿上(童形での参内)を遂げ,義嗣と命名されて従五位下に叙された。同3月,義満は後小松天皇に北山第行幸を仰いだが,この儀式は義満が上皇として天皇を迎える朝勤行幸に倣い,かつ義嗣を次期天皇として諸人に披露するものであった。義嗣は天盃を受けて廷臣蹲踞のなかで舞踏し,この行幸中左馬頭に任官,還幸後,従四位下左中将に上る。翌月25日内裏で親王元服に準拠して元服,参議,従三位に叙任。以後公家から若宮と称され,後小松から受禅を待つばかりとなったが,5月6日義満が急死し簒奪は未遂に終わる。同18年,従二位権大納言に上るが将軍足利義持との間に不信を生じ,同22年の北畠満雅の乱,翌年の上杉禅秀の乱に謀反を唆された。同年10月神護寺に出奔したが捕らえられ,幽囚ののち殺害される。武家の身で初めて皇位に擬せられた人物として重要。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の足利義嗣の言及

【足利義持】より

…室町幕府4代将軍。1394‐1423年(応永1‐30)在職。義満の子。母は醍醐寺三宝院坊官安芸法眼の女藤原慶子。1394年12月17日元服して征夷大将軍となったが,その後も父義満が政務を執った。しかも義満の義嗣(義持の異母弟)偏愛が始まり,家督相続が危ぶまれたが,1408年(応永15)義満が死ぬと,管領斯波義将らの支持を得てその地位を保全した。翌年7月内大臣になり,10月には北山第から,新築成った三条坊門第に移った。…

【上杉禅秀の乱】より

…第2に持氏と叔父の満隆との間が不和であり,満隆が鎌倉公方への野心を持っていたこと。第3に足利義嗣が将軍への野望を抑えきれず,各地の反幕府分子と手を結んでいたことなどであり,鎌倉府成立後における幕府と鎌倉府の反目も微妙に影響していた。また惣領制の解体や国人一揆の形成など,東国の社会的変化も見逃すことのできない原因の一つといえよう。…

※「足利義嗣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足利義嗣の関連キーワード室町時代(年表)足利満隆斯波義将畠山満則富樫満成上杉氏憲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android