コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踊り地 おどりじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

踊り地
おどりじ

日本音楽,舞踊の用語。 (1) 楽曲構成部分名称で,登場人物がそろって手踊りを見せる部分をいい,リズミカルで急速であることが特色。緩徐なクドキ対照をなす。太鼓の入る場合が典型的で,「太鼓踊り地」といい,ほかに大小の鼓だけの踊り地もある。 (2) 歌舞伎囃子では,陰囃子 (下座) の楽曲名称。唄入りのものと,合方 (楽器だけの演奏) の場合とある。京阪の郭 (くるわ) の場面を表わす。三下り調弦による。江戸の「スガガキ」に対する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おどりじ【踊り地】

歌舞伎で、京阪の郭・揚屋・茶屋などの場で用いる太鼓・三味線などの囃子はやし
歌舞伎舞踊で、華やかな手踊りの部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の踊り地の言及

【踊り】より

…近世以前には腰鼓や編木(びんざさら)を奏しつつ躍る田楽躍,鉦(かね)や念仏でおどる踊念仏,小歌を誦する小歌踊,飾りや歌にくふうをこらした風流(ふりゆう)踊などがあり,用いる楽器により太鼓踊,羯鼓(かつこ)踊,銭太鼓踊,採物(とりもの)や被(かぶ)り物の違いにより棒踊,傘踊,笠踊,灯籠踊,綾踊,コキリコ踊,目的の違いにより盆踊,七夕踊,田植踊,雨乞踊,形態によって鹿(しし)踊,七福神踊などさまざまな名称で呼ばれる。なお近世の歌舞伎舞踊は舞と踊りの要素を巧みに融合させた舞台芸能であるが,踊りの要素が濃い部分はとくに踊り地と称し,最後の華やかな多勢の手踊りなどを総踊りともいう。また歌舞伎舞踊自体を江戸では踊と総称する場合も多い。…

【歌舞伎舞踊】より

…男の場合は,〈語り〉で戦の物語を踊る。〈踊り地〉は太鼓地ともいい賑やかな鳴物入りの手踊,総踊となる。 〈チラシ〉は終局の場面。…

【太鼓地】より

…ここではおもに太鼓が中心となるが,篠笛(しのぶえ)がいっしょに吹かれるのが一般的で,曲をにぎやかに彩る。とくに,舞踊の曲では〈踊り地〉という部分にこの〈太鼓地〉が用いられる。たとえば,《越後獅子(えちごじし)》の〈何たら愚痴だえ〉や《娘道成寺(むすめどうじようじ)》の〈梅とさんさん〉など。…

※「踊り地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

踊り地の関連キーワード越後獅子二人椀久鐘ヶ岬三味線太鼓地所作事綾踊り月の巻やし三下揚屋汐汲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

踊り地の関連情報