コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手踊(り) テオドリ

デジタル大辞泉の解説

て‐おどり〔‐をどり〕【手踊(り)】

座って手だけを動かしておどる踊り。
祭り屋台や寄席などで、端唄俗曲流行歌につれておどる踊り
盆踊りなど、多人数が同じ手振りでおどる踊り。
歌舞伎舞踊の中で、手に何も持たずに踊る部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ておどり【手踊】

日本舞踊(歌舞伎舞踊)や民俗舞踊などで,手に扇や採物(とりもの)などの持ち物を持たずに素手でおどる踊りをいう。また祭屋台や寄席などで端唄や俗曲などにつれておどる踊りをいう。これは歌舞伎の所作事に対するいい方で,素人あるいは本式でないという意味である。その他座ったままで踊る踊りや簡単な踊りを指すこともある。地芝居では芝居そのものを手踊というところがある。【西角井 正大】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手踊
ておどり

舞踊用語。(1)素人(しろうと)の踊りの意で、俳優や専門舞踊家の踊りに対していう。(2)寄席(よせ)や宴席などの俗曲による踊りの意で、劇場における本格の踊りに対していう。(3)歌舞伎(かぶき)舞踊のなかで全員がそろって、手に何も持たずに踊るくだりをいう。ドラマチックな作品においても筋に関係なく、踊りそのものとして挿入されている。(4)多勢で踊る盆踊のこと。(5)三味線につれて踊る娘手踊などの興行。(6)地芝居または小芝居の隠語。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

手踊(り)の関連キーワード土崎神明社祭の曳山行事神田祭(歌舞伎舞踊)立花家 花橘(初代)角館祭りのやま行事桂 文吾(5代目)じゃんがら念仏鹿島(福島県)京鹿子娘道成寺立花家 歌子竹田からくり石川 義衛悠玄亭哥介鬼次拍子舞蜘蛛拍子舞村上 勇一新保広大寺黒石よされ花田亜由美秋田音頭娘道成寺

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android