コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手踊(り) テオドリ

3件 の用語解説(手踊(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐おどり〔‐をどり〕【手踊(り)】

座って手だけを動かしておどる踊り。
祭り屋台や寄席などで、端唄や俗曲・流行歌につれておどる踊り。
盆踊りなど、多人数が同じ手振りでおどる踊り。
歌舞伎舞踊の中で、手に何も持たずに踊る部分。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ておどり【手踊】

日本舞踊(歌舞伎舞踊)や民俗舞踊などで,手に扇や採物(とりもの)などの持ち物を持たずに素手でおどる踊りをいう。また祭屋台や寄席などで端唄や俗曲などにつれておどる踊りをいう。これは歌舞伎所作事に対するいい方で,素人あるいは本式でないという意味である。その他座ったままで踊る踊りや簡単な踊りを指すこともある。地芝居では芝居そのものを手踊というところがある。【西角井 正大】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手踊
ておどり

舞踊用語。(1)素人(しろうと)の踊りの意で、俳優や専門舞踊家の踊りに対していう。(2)寄席(よせ)や宴席などの俗曲による踊りの意で、劇場における本格の踊りに対していう。(3)歌舞伎(かぶき)舞踊のなかで全員がそろって、手に何も持たずに踊るくだりをいう。ドラマチックな作品においても筋に関係なく、踊りそのものとして挿入されている。(4)多勢で踊る盆踊のこと。(5)三味線につれて踊る娘手踊などの興行。(6)地芝居または小芝居の隠語。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手踊(り)の関連キーワード歌舞伎舞踊子守新舞踊日本舞踊舞踊劇変化物丹前物歌舞伎狂言所作立て藤間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone