コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹄斎北馬 ていさい ほくば

4件 の用語解説(蹄斎北馬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

蹄斎北馬

江戸後期の浮世絵師。江戸生。本姓星野また有坂、名は光隆、蹄斎は号、別号に葛飾北馬・駿々斎・秋園、通称は五郎八葛飾北斎の門。美人画の肉筆が多く、狂歌本・読本の挿絵を描く。弘化元年(1844)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蹄斎北馬 ていさい-ほくば

1771-1844 江戸時代後期の浮世絵師。
明和8年生まれ。江戸の人。葛飾北斎(かつしか-ほくさい)の門下。魚屋北渓(ととや-ほっけい)とならび称され,谷文晁(ぶんちょう)の手伝いをしたともいわれる。狂歌本の挿絵もかいた。天保(てんぽう)15年8月16日死去。74歳。姓は有坂。本姓は星野。名は光隆。通称は五郎八。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蹄斎北馬

没年:弘化1.8.16(1844.9.27)
生年:明和8(1771)
江戸後期の浮世絵師。幕府御家人の出と伝える。本姓星野,ほかに有坂姓もある。諱は光隆,俗称は五郎八。画号はほかに駿々斎など。葛飾北斎の弟子で,文化(1804~18)から天保期(1830~44)にかけて,版本挿絵や狂歌摺物などを主に手がける。特に晩年は画工から本絵師となり,肉筆の美人風俗画を量産した。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蹄斎北馬
ていさいほくば
(1771―1844)

江戸末期の浮世絵師。葛飾北斎(かつしかほくさい)の門人で有坂(ありさか)氏、本姓を星野氏といい、俗称を五八郎、諱(いみな)は光隆(みつたか)という。御家人(ごけにん)の隠居であったといわれ、居所は浅草三筋町であったが、後年薙髪(ちはつ)して下谷(したや)二長町(にちょうまち)に住した。約180人に及ぶ北斎門人下で魚屋北渓(ととやほっけい)とともに双璧(そうへき)とされ、彩色に長じて左筆もよくし、文人画の谷文晁(たにぶんちょう)などとの逸話も残されている。作品は意外と錦絵(にしきえ)が少なく、摺物(すりもの)や版本の挿絵、肉筆画などを描いたが、とくに肉筆の美人画に佳作が多い。[永田生慈]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蹄斎北馬の関連キーワード文康大川端夕涼み葛飾為斎葛飾北目清谷等舟斗雷ならや伊八文浪正歳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蹄斎北馬の関連情報