コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身延山地 みのぶさんち

4件 の用語解説(身延山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身延山地
みのぶさんち

山梨県南西部に連なる山地。赤石山脈前山の巨摩山地のうち富士川の横断谷以南の呼称で,身延山七面山などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みのぶ‐さんち【身延山地】

山梨県南西部と静岡県北部の境に広がる山地。西側の赤石山脈、東側の富士川にはさまれた位置にある。主峰は山伏(標高2014メートル)、中心は身延山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

身延山地【みのぶさんち】

山梨・静岡両県にまたがる山地。赤石山脈の南東,富士川沿いに南北に連なり,第三紀御坂層,ケツ岩層からなる。主峰の身延山(1153m)はスギの大木におおわれ,久遠(くおん)寺があり山頂の奥ノ院までロープウェーが通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕身延山地(みのぶさんち)


山梨県南西部から山梨・静岡県境を南北に延びる山地。早川がつくる横谷以北は櫛形(くしがた)山地ともよばれ、広義にはこれを含む。最高峰は七面(しちめん)山(標高1989m)。身延山(標高1153m)の南麓(なんろく)には日蓮(にちれん)宗総本山久遠(くおん)寺がある。東麓(とうろく)を富士(ふじ)川、西麓を早川や安倍(あべ)川の谷が刻む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身延山地の関連キーワード山梨県南アルプス市有野山梨県山梨市江曽原山梨県山梨市北山梨県山梨市大工山梨県山梨市西山梨県山梨市東山梨県山梨市万力山梨県山梨市南山梨県南巨摩郡山梨県山梨市矢坪

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone