コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軻遇突智 かぐつち

大辞林 第三版の解説

かぐつち【軻遇突智】

記紀神話の神。伊弉諾尊いざなきのみことと伊弉冉尊いざなみのみこととの間に生まれた火の神。火之迦具土神ひのかぐつちのかみ。火之夜芸速男神ひのやぎはやおのかみ。火之炫毘古神ひのかがびこのかみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

軻遇突智【かぐつち】

火の神。火産霊(ほむすび)神とも。《古事記》では迦具土神と記す。弉冉(いざなみ)はこの神を産んで焼死。伊弉諾(いざなぎ)尊が怒ってこれを切ると,雷神大山祇神など多くの神が化生したという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぐつち【軻遇突智】

日本神話にみえる神の名。の神。《古事記》では迦具土神と記す。《古事記》神話ではヒノカグツチノカミ,ヒノカカビコノカミ,ヒノヤギハヤオノカミなど,火の光輝,燃焼などの機能に基づく異名を掲げる。この火神はイザナミノミコトが神生みの最後に生んだ神で,イザナミは陰部を焼かれて死ぬ。夫のイザナキノミコトは怒って火神を斬る。その血(火の色)から刀剣,雷神,水神が生まれ,また死体から山の神々(山焼きの表象か)が生まれたという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の軻遇突智の言及

【火】より

…またジャガーの家に火を盗みに行った人々は,これもまだ人間が知らなかった木綿の糸も盗んできたと言われている。 日本神話でも,神生みの最後に火の神軻遇突智(かぐつち)を生んだ伊弉冉(いざなみの)尊は,その火によって産道に大火傷を負い,ついに死んだと言われているが,《古事記》によれば,カグツチを生む直前にイザナミは,船の神であるトリノイワクスブネと,農作および養蚕の母体となる女神の大気津比売神(おおげつひめのかみ)を生んだとされている。またカグツチを分娩したあとでイザナミは,死の状態で苦しみながら,吐瀉(としや)物や大小便を出すと,その吐瀉物からは金属の神のカナヤマビコとカナヤマビメが,大便からは粘土の神のハニヤスビコとハニヤスビメが,小便からは水の女神の罔象女神(みつはのめのかみ)が生まれたと言われている。…

※「軻遇突智」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

軻遇突智の関連キーワード伊弉冉尊・伊邪那美命伊弉冉尊経津主神武甕槌神日本神話花窟神社稚産霊神記紀神話伊弉諾尊高龗神段・常金北山火結神闇龗高龗

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android