コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛抱 シンボウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぼう〔‐バウ〕【辛抱】

[名](スル)《仏語「心法」からか。「辛棒」とも当てて書く》つらいことや苦しいことをがまんすること。こらえ忍ぶこと。「もう少しの辛抱だ」「この店で一〇年間辛抱してきた」
我慢(がまん)[用法]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

辛抱の関連キーワード俸・倣・包・呆・堡・報・奉・宝・寶・封・峰・崩・幇・庖・彷・抛・抱・捧・放・方・朋・法・泡・烹・烽・疱・砲・硼・縫・胞・芳・萌・蓬・蜂・袍・褒・襃・訪・豊・豐・逢・邦・鋒・飽・鳳・鵬人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如しGOLDFINGER'99坂東 三津五郎(8代目)不請・不承・不詳・不肖小佐川常世(2代)石の上にも三年ペーシェンス鳥居強右衛門鈴木 その子堪り兼ねる桜鍔恨鮫鞘半村 良辰巳天井島村俊広堪え難い商い三年辛抱強い堪え忍ぶ山乃廣美

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛抱の関連情報