辛抱(読み)シンボウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぼう〔‐バウ〕【辛抱】

[名](スル)《仏語「心法」からか。「辛棒」とも当てて書く》つらいことや苦しいことをがまんすること。こらえ忍ぶこと。「もう少しの辛抱だ」「この店で一〇年間辛抱してきた」
我慢(がまん)[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ぼう ‥バウ【辛抱・辛棒ボウ

〘名〙 (形動) (「棒」は当て字。「辛抱」も当て字か) つらいことをじっとたえしのぶこと。がまんすること。こらえること。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Xinbôna(シンボウナ) ヒト〈訳〉忍耐強く、おとなしい人」
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)中「やがてあはんとながの留主しんぼうつくせしかひもなく」
[補注]「心のはたらき」の意の「心法」が、仏教の広まりにともなって一般化し、「たえしのぶ」意に変化したものか。表記も語義に合わせて「辛抱」が当てられるようになったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛抱の関連情報