辛抱(読み)しんぼう

精選版 日本国語大辞典「辛抱」の解説

しん‐ぼう ‥バウ【辛抱・辛棒ボウ

〘名〙 (形動) (「辛棒」は当て字。「辛抱」も当て字か) つらいことをじっとたえしのぶこと。がまんすること。こらえること。また、そのさま。
日葡辞書(1603‐04)「Xinbôna(シンボウナ) ヒト〈訳〉忍耐強く、おとなしい人」
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)中「やがてあはんとながの留主しんぼうつくせしかひもなく」
[補注]「心のはたらき」のの「心法」が、仏教の広まりにともなって一般化し、「たえしのぶ」意に変化したものか。表記も語義に合わせて「辛抱」が当てられるようになったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「辛抱」の解説

しん‐ぼう〔‐バウ〕【辛抱】

[名](スル)《仏語「心法」からか。「辛棒」とも当てて書く》つらいことや苦しいことをがまんすること。こらえ忍ぶこと。「もう少しの辛抱だ」「この店で一〇年間辛抱してきた」
我慢がまん[用法]
[類語]忍耐我慢耐える耐え忍ぶ忍ぶこらえる隠忍忍従頑張る歯を食いしばる涙を呑む抑える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android