コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛抱 シンボウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぼう〔‐バウ〕【辛抱】

[名](スル)《仏語「心法」からか。「辛棒」とも当てて書く》つらいことや苦しいことをがまんすること。こらえ忍ぶこと。「もう少しの辛抱だ」「この店で一〇年間辛抱してきた」
我慢(がまん)[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

辛抱の関連キーワード人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如しチェコスロバキアン・ウルフドッグGOLDFINGER'99坂東 三津五郎(8代目)不請・不承・不詳・不肖鳴くまで待とう時鳥小佐川常世(2代)金の草鞋で尋ねる石の上にも三年ペーシェンス鳥居強右衛門桜鍔恨鮫鞘堪り兼ねる商い三年辰巳天井堪え忍ぶ山乃廣美我慢強い辛抱強いハイカラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛抱の関連情報