辛抱(読み)シンボウ

  • しんぼう ‥バウ
  • しんぼう〔バウ〕
  • 辛抱・辛棒ボウ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《仏語「心法」からか。「辛棒」とも当てて書く》つらいことや苦しいことをがまんすること。こらえ忍ぶこと。「もう少しの辛抱だ」「この店で一〇年間辛抱してきた」
我慢(がまん)用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (「辛棒」は当て字。「辛抱」も当て字か) つらいことをじっとたえしのぶこと。がまんすること。こらえること。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Xinbôna(シンボウナ) ヒト〈訳〉忍耐強く、おとなしい人」
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)中「やがてあはんとながの留主しんぼうつくせしかひもなく」
[補注]「心のはたらき」の意の「心法」が、仏教の広まりにともなって一般化し、「たえしのぶ」意に変化したものか。表記も語義に合わせて「辛抱」が当てられるようになったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛抱の関連情報