コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(さ)える/抑える オサエル

デジタル大辞泉の解説

おさ・える〔おさへる〕【押(さ)える/抑える】

[動ア下一][文]おさ・ふ[ハ下二]

㋐物が動かないように、押しつけて力を加える。「手で着物の裾を―・える」「文鎮で紙を―・える」
㋑出入り口に手などを押し当てておおう。「傷口を―・える」「耳を―・える」
対象の動きを封じる。
㋐動いたり逃げたりしないように、しっかりつかまえる。「犬を―・える」「賊を―・える」
㋑勢いを増す傾向にあるものを防ぎ止める。おしとどめる。食い止める。「敵の侵略を―・える」
㋒自分の支配下に置いて、自由な動きがとれないようにする。抑圧する。「反対派を―・える」
(抑える)
㋐ある水準以上には高まらないようにする。「値段を手ごろなところで―・える」
㋑スポーツで、相手の勢いをとどめる。「8回までヒット3本に―・える」「強豪を相手に前半を0点に―・える」
㋒感情・欲望などが高ぶるのをとどめる。抑制する。「―・えた演技」「怒りを―・える」
自己に属するものとして確保する。また、差し押さえる。「制空権を―・える」「証拠を―・える」「財産を―・えられる」
大切なところをしっかり理解する。把握する。「要点を―・える」
相手から杯を差されたとき、それをとどめて相手に飲ませる。
「文六殿返盞(へんさん)申す、と言ひければ、こは母が―・へまし、間(あひ)をいたしてあげません」〈浄・堀川波鼓
[下接句]勘所(かんどころ)を押さえる首根っ子を押さえる差しつ押さえつ瓢箪(ひょうたん)で鯰(なまず)を押さえる目頭(めがしら)を押さえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

押(さ)える/抑えるの関連キーワードキャビテーションエロージョンカトー=カンブレジの和約ガンジー=アーウィン協定ジャラーラーバードタルカム・パウダープサムティク1世ケレスチヌス3世かみあいクラッチディスクブレーキ中性点接地方式キルメナム協定ロスティスラフ幼若ホルモンミカエル4世ライバハ会議キンディオ州ヒルザウ派クーリッジポジションムカチェボ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android