押える(読み)オサエル

デジタル大辞泉「押える」の解説

おさ・える〔おさへる〕【押(さ)える/抑える】

[動ア下一][文]おさ・ふ[ハ下二]

㋐物が動かないように、押しつけて力を加える。「手で着物の裾を―・える」「文鎮で紙を―・える」
出入り口に手などを押し当てておおう。「傷口を―・える」「耳を―・える」
対象の動きを封じる。
㋐動いたり逃げたりしないように、しっかりつかまえる。「犬を―・える」「を―・える」
㋑勢いを増す傾向にあるものを防ぎ止める。おしとどめる。食い止める。「敵の侵略を―・える」
㋒自分の支配下に置いて、自由な動きがとれないようにする。抑圧する。「反対派を―・える」
(抑える)
㋐ある水準以上には高まらないようにする。「値段を手ごろなところで―・える」
㋑スポーツで、相手の勢いをとどめる。「8回までヒット3本に―・える」「強豪を相手に前半を0点に―・える」
㋒感情・欲望などが高ぶるのをとどめる。抑制する。「―・えた演技」「怒りを―・える」
自己に属するものとして確保する。また、差し押さえる。「制空権を―・える」「証拠を―・える」「財産を―・えられる」
大切なところをしっかり理解する。把握する。「要点を―・える」
相手から杯を差されたとき、それをとどめて相手に飲ませる。
「文六殿返盞へんさん申す、と言ひければ、こは母が―・へまし、あひをいたしてあげません」〈堀川波鼓
[下接句]勘所かんどころを押さえる首根っ子を押さえる差しつ押さえつ瓢箪ひょうたんなまずを押さえる目頭めがしらを押さえる
[類語](1)(2押さえ込む押さえ付ける押し付けるねじ伏せる組み伏せる組み敷く妨げる遮る立ち塞がるせきとめる制止捕まえる握る挟む押しとどめるストップを掛ける掣肘せいちゅう封殺諫止阻む食い止める立ちはだかる遮断妨害阻止挫く弱める砕く邪魔妨害阻害そがい干渉横槍よこやり障害支障障壁さわ邪魔だて水を差す水をかける足を引っ張る削ぐ圧伏圧殺ブレーキが掛かる腰を折る/(3耐える耐え忍ぶ忍ぶこらえる辛抱する我慢する忍耐する隠忍する忍従する頑張る歯を食いしばる涙を呑む/(4制する掌握する確保する保持する独占する占有する支配する手中に収める・我が物にする・支配

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android