コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍ぶ シノブ

デジタル大辞泉の解説

しの・ぶ【忍ぶ】

《上代は上二段活用。平安時代になって「偲(しの)ぶ」と混同し、四段にも活用》
[動バ五(四)]
つらいことをがまんする。じっとこらえる。耐える。「恥を―・んで申し上げます」「不便を―・ぶ」
自分の存在や行いを、人に気付かれないようにする。外から見えないようにして身を置く。隠れる。「人目を―・んで通う」「―・ぶ恋」「世を―・ぶ」「物陰に―・ぶ」
[可能]しのべる
[動バ上二]
(現代語に残存したものとして、ふつう「…にしのびず」「…にしのびない」など打消しの語を伴った形で用いる)救ってやりたい、捨てるに惜しい、といった気持ちを現したいのを押さえる。こらえる。「正視するに―・びず」「たっての願いを断るのは―・びないが」→しのびない
1に同じ。
「人目多み目こそ―・ぶれすくなくも心のうちにわが思はなくに」〈・二九一一〉
2に同じ。
「惟光の朝臣、例の―・ぶる道はいつとなくいろひつかうまつる人なれば」〈・松風〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのぶ【忍ぶ】

( 動五[四] )
つらいことを我慢する。こらえる。 「不便を-・ばねばならぬ」 「恥を-・んでお願いに来ました」 「耐え-・ぶ」
他人に知られないようにこっそりと何かをする。 「男がこっそり-・んで来る」 「人目を-・んで会いに行く」 「世を-・ぶ仮の姿」 「 - ・び寄る」 「 - ・び泣く」
[可能] しのべる
( 動上二 )
気持ちを抑える。こらえる。現代語では、「…するに―・びず、…」「…するに―・びない」という形でのみ使われる。 「思い出の品を捨てるに-・びず、そのまましまいこむ」 → しのびない
気持ちが外に表れそうになるのをじっとこらえる。 「我が背子が捻みし手見つつ-・びかねつも/万葉集 3940
に同じ。 「世の中に-・ぶる恋のわびしきは逢ひてののちの逢はぬなりけり/後撰 恋一」 〔 (1) 本来は上二段の語。「しのぶ(偲)」の補説参照。 (2) 動詞の「忍ぶ」は文章語的に用いる。肉体的苦痛には使えず、恥や不便についていう。それに対して「耐える」は持続的な苦痛についていう。また「堪こらえる」は肉体的・精神的な苦痛・痛み・おかしさについていう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

忍ぶの関連キーワード尺蠖の屈めるは伸びんがため添い臥し・副い臥しシノブ(忍)べかんめり樹枝状結晶都鳥廓白浪春日野饅頭のぼうの城三浦哲郎色に出ずひったり聞き現すべくんば虫の合方浅茅生の忍ぶの衣中野誠也目を忍ぶ洪浩然加藤剛

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍ぶの関連情報