隠忍(読み)インニン

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐にん【隠忍】

〘名〙 苦しみを外部にあらわさないで、耐え忍ぶこと。おんにん。
※類従本撰集抄(1250頃)八「若き殿上人、中納言を打見て、皆隠忍給へりければ、中納言打泪ぐみて」 〔史記‐伍子胥伝賛〕

かくれ‐しの・ぶ【隠忍】

[1] 〘自バ上二〙 隠れて人目につかないようにする。人に知られないようにする。かくれひそむ。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「物の心も知らぬむすめ一人残りて物おそろしくつつましければ、あるやうにもあらず、かくれ忍てあれば」
[2] 〘自バ五(四)〙 (一)に同じ。
※寄合ばなし(1874)〈榊原伊祐〉初「我が好なことばかりを隠(カク)れ忍(シノ)んでもしたがるといふは、天とうさまへ対してすまぬことと心附きました故」
[語誌]活用は、本来上二段であったが、平安朝にはいって、四段の「偲(しの)ぶ」との混同が生じ、両者ともに両様の活用のしかたが行なわれるようになり、さらに四段に統一されるに至った。

かくろえ‐しの・ぶ かくろへ‥【隠忍】

〘自バ上二〙 隠れて人目につかないようにする。
※源氏(1001‐14頃)松風「御ともの人々もあながちにかくろへしのぶれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報