コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪える コタエル

デジタル大辞泉の解説

こた・える〔こたへる〕【堪える】

[動ア下一][文]こた・ふ[ハ下二]
耐える。こらえる。がまんする。「―・えられない暑さが続く」→堪(こた)えられない
「一呼吸(いき)でも―・えられるか何(ど)うだか」〈鏡花歌行灯
(多く、動詞の連用形に付いて複合語をつくる)耐えつづける。保つ。「これだけあれば一年くらいは―・える」「最後まで踏み―・える」「もち―・える」

こら・える〔こらへる〕【堪える/×怺える】

[動ア下一][文]こら・ふ[ハ下二]
苦しみなどに、耐えてがまんする。しんぼうする。「痛みを―・える」「飢えや寒さを―・える」
感情などを、抑えて外にあらわさない。「怒りを―・える」「笑いを―・える」
外から加えられた力にたえる。もちこたえる。「強烈な寄りを―・える」
堪忍する。許す。「今度だけは―・えてやろう」
[補説]「怺」は国字。
[用法]こらえる・たえる――「空腹をこらえる(にたえる)」「痛みにたえる(をこらえる)」など、上接する助詞に違いがあるが、相通じて用いる。◇「こらえる」は自己の感情発現を押さえることに中心がある。「涙をこらえる」「怒りをこらえる」に「(に)たえる」は用いない。◇「たえる」は外部からの圧力に抵抗する点に意味の中心がある。「三〇〇〇度の高温にたえる」に「(を)こらえる」は用いない。◇「たえる」は人以外の物にも使うが、「こらえる」は人についてしか使わない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こたえる【堪える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 こた・ふ
耐える。我慢する。こらえる。 「一呼吸いきでも-・へられるか何うだか/歌行灯 鏡花
耐え続ける。保つ。 「平家の世は-・ふまじ/盛衰記 44」 〔中世には「こたゆ」とヤ行にも活用した〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

堪えるの関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)ルメートル(フランスの批評家、作家)奈良時代(年表)池坊専好(2代)耐える・堪えるヒャクニチソウアークライトマクドナルド短歌(文学)非鉄金属工業タイ(国)フリーセアカポエィラ和辻哲郎思ひ念ず堪航能力池坊専慶磁気記録一呼吸水彩画

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堪えるの関連情報