コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪える コタエル

3件 の用語解説(堪えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こた・える〔こたへる〕【堪える】

[動ア下一][文]こた・ふ[ハ下二]
耐える。こらえる。がまんする。「―・えられない暑さが続く」→堪(こた)えられない
「一呼吸(いき)でも―・えられるか何(ど)うだか」〈鏡花歌行灯
(多く、動詞の連用形に付いて複合語をつくる)耐えつづける。保つ。「これだけあれば一年くらいは―・える」「最後まで踏み―・える」「もち―・える」

こら・える〔こらへる〕【堪える/×怺える】

[動ア下一][文]こら・ふ[ハ下二]
苦しみなどに、耐えてがまんする。しんぼうする。「痛みを―・える」「飢えや寒さを―・える」
感情などを、抑えて外にあらわさない。「怒りを―・える」「笑いを―・える」
外から加えられた力にたえる。もちこたえる。「強烈な寄りを―・える」
堪忍する。許す。「今度だけは―・えてやろう」
[補説]「怺」は国字。
[用法]こらえる・たえる――「空腹をこらえる(にたえる)」「痛みにたえる(をこらえる)」など、上接する助詞に違いがあるが、相通じて用いる。◇「こらえる」は自己の感情の発現を押さえることに中心がある。「涙をこらえる」「怒りをこらえる」に「(に)たえる」は用いない。◇「たえる」は外部からの圧力に抵抗する点に意味の中心がある。「三〇〇〇度の高温にたえる」に「(を)こらえる」は用いない。◇「たえる」は人以外の物にも使うが、「こらえる」は人についてしか使わない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こたえる【堪える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 こた・ふ
耐える。我慢する。こらえる。 「一呼吸いきでも-・へられるか何うだか/歌行灯 鏡花
耐え続ける。保つ。 「平家の世は-・ふまじ/盛衰記 44」 〔中世には「こたゆ」とヤ行にも活用した〕
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堪えるの関連情報