コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農荘(農庄) のうしょう

1件 の用語解説(農荘(農庄)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうしょう【農荘(農庄)】

朝鮮の新羅・高麗・李朝の各時代にあった王室・貴族・高官・寺院の私有地。田荘,田園,荘園,農場,別墅,別業などとも呼ばれる統一新羅時代から存在したが,12世紀後半の武人政権の成立以降,田柴(でんさい)科の崩壊と併行して急速に増大し,そのため高麗末期には官僚への土地分給が困難となり,また国家財政が窮迫し,重大な政治問題になった。高麗滅亡の直前に李成桂が行った田制改革で多くの農荘が没収され,李朝初期には一時減少したが,やがてまた拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の農荘(農庄)の言及

【高麗】より

…こういう元の力を背景にして高麗政界では親元派がはびこった。彼らは権勢を利用して農民の土地を奪い農荘(庄)と呼ばれる私有地を拡大した。土地を失った農民は流亡し,また農荘の小作人になった。…

【武人政権】より

…国軍も残っていたが,それよりも私兵はずっと強力であった。第2には農庄(農荘)と呼ばれる私的所有地であった。武人権力者は全国各地に農庄を置き,その収穫物を自家に運びこみ,自身および私兵の経費にあてた。…

【李朝】より

… 国家の支配権の強化は科田法にもみられ,両班などに与えられる科田や各種の賜給田のほかはすべて公田とされて,個人のもつ土地からは収穫の10分の1を徴税した。しかし両班などが経営する荘園(農荘)は,公田の中で存続を認められ,そこでは奴婢を主な労働力とし収穫の半分を収取する地主制が展開していた。自作農も広範に存在したが,彼らは良人(常民)として田税のほかに貢納,徭役などの重い負担を国家から課せられていた。…

※「農荘(農庄)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone