コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田柴科 でんさいかChǒnsikwa

3件 の用語解説(田柴科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田柴科
でんさいか
Chǒnsikwa

朝鮮,高麗時代の主要な田制。景宗1 (976) 年から始り,文宗 30 (1076) 年に完成した田制。国家が田地 (畑) と柴地 (山林) を中央,地方の官僚,軍人,閑人 (未仕官者) などに支給する制度。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんさいか【田柴科】

朝鮮の高麗時代に官僚制度の物質的基礎となった土地制度。その前身は940年(太祖23)にできた役分田で,建国の際に功労のあった臣下への論功行賞としての土地分与制度であった。976年に田柴科と改称されたが,まだ従来の性格を残していた。やがて官僚制度が整備されると,998年(穆宗1)官職の上下に対応する土地支給制度となり,1014,34年の改定ののち,76年(文宗30)最終的に確立した。土地支給額を18等級にわけ,第1科(田100結,柴50結。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田柴科
でんさいか

朝鮮、高麗(こうらい)の代表的な土地支給制度。田地と柴地(樵採(しょうさい)地)が科(ランク)に応じて両班(ヤンバン)、軍人らに支給されたので田柴科という。ランクが低い場合には田地だけが支給された。976年に初めて制定され、以後たびたび改定されたが、12世紀に変質し、13世紀中葉には崩壊した。田柴科で支給された田(科田)は、先祖から代々受け継ぐという意味で永業田と考えられており、科田被給資格を得た者が父祖・親族から相続すべき田地を用意して国家に申請し、国家が規定額の範囲内でそれを認定するという支給方式がとられた。科田では主として佃戸(でんこ)から収穫高の50%をとる小作制経営が行われたが、やがて佃戸から定額の租をとる方式に転換していったと考えられる。[浜中 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone