辻祭(り)(読み)ツジマツリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辻祭
つじまつり

辻は通常には道が十文字になっている所をさすが、そればかりでなく、山の峠を辻という地方もある。四つ辻や峠やまた村境といった所は、外部から入ってくるものを防ぎやすい所である。それで、古くはそこへサエ(塞)の神を祭り、日を定め、また臨時にもこれを祭った。これが辻祭である。『延喜式(えんぎしき)』には障神(さやるかみの)祭や蕃客送堺神祭(ばんかくをさかいにおくるかみのまつり)の規定がある。『明月記』には、辻祭が盛大に行われ、田楽(でんがく)なども催されたようすが記されているが、これは場所が都であって、祭りが風流(ふりゅう)化したためであろう。近代に入ってからでも、関東・中部地方の村々では、悪疫が流行すると村境に注連(しめ)を張り、祈願をする風が少なくなかった。これを多くは「辻切り」といっていた。[石塚尊俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android