天晴(読み)アッパレ

デジタル大辞泉「天晴」の解説

あっぱれ【天晴(れ)/×遖】

《「あわ(哀)れ」の音変化》
[形動][文][ナリ]驚くほどりっぱであるさま。みごとなさま。「敵ながら—な働き」
[感]
ほめたたえる気持ちを表すときに発する語。すばらしい。みごとである。「—、よくやった」
すっかり感心したり、強く驚いたりしたときに発する語。ああ。
「—獅子ワ臆病ナモノカナ」〈天草本伊曽保驢馬と獅子〉
[補説]「天れ」は当て字。「遖」は国字
[類語]絶妙上手素晴らしい巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無しナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つグーグッド良い好ましい程よい好個絶好最適

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android