コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤万太郎 こんどう まんたろう

2件 の用語解説(近藤万太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤万太郎 こんどう-まんたろう

1883-1946 大正-昭和時代の農学者。
明治16年9月21日生まれ。ベルリン農科大などに留学後,大正3年大原奨農会農業研究所(のち大原農業研究所)初代所長となる。種子学や作物学,とくに穀物の貯蔵の研究で知られる。昭和21年学士院会員。昭和21年11月7日死去。64歳。岡山県出身。東京帝大卒。号は扇村。著作に「日本農林種子学」「米穀の貯蔵」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんどうまんたろう【近藤万太郎】

1883‐1946(明治16‐昭和21)
穀物学者。岡山県生れ。1908年東京帝国大学農科大学卒業後,ベルリン農科大学,ホーヘンハイム農科大学に学ぶ。帰朝後岡山県倉敷に大原農業研究所の創設にあたりその初代所長となる。農作物種実の生化学の面に独特の研究分野を開いた。とくに穀物の貯蔵に関する研究は,今日の米麦貯蔵技術の科学的基礎となった。このほか作物の光周率,晩化栽培の経済,水の経済,薬剤除草など時代を先取りした研究が多い。同研究所の《農学研究》や学会誌に発表されたこれらの研究報文(和文および欧文)の数と量は日本の農学界随一と目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の近藤万太郎の言及

【農学】より

…一方,国立農事試験場を中心に,明治中・末期より主として水稲を中心としての育種研究,育種事業が安藤広太郎,加藤茂苞などの手によって開始される。大正期には顕著な発展分野はなかったが,近藤万太郎による種子学研究は特記すべきものであろう。昭和初期における農業恐慌,水稲冷害(1931,34,35)は,日本の農学,とくに稲作などをめぐる実験的諸研究の発展の第1の契機となった。…

※「近藤万太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤万太郎の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄アルマン条約電気事業アメリカ美術勲章カストリ雑誌北朝鮮新教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone