追訴(読み)ツイソ

大辞林 第三版の解説

ついそ【追訴】

( 名 ) スル
最初の訴えにあとから事柄を加えて訴えること。また、その訴え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐そ【追訴】

〘名〙
① 中世の裁判で、所定の訴陳状を上申したのち、訴えを追加すること。また、その状。
※沙汰未練書(14C初)「追加申状とは三問三答之外、追訴状也」
② 江戸時代、訴状に記されていない新しい事柄を追加して訴えること。また、その訴え。この訴えは原則として受理されなかったが、もとの訴訟を解決する手掛りとなる訴えである場合などには、例外的に受理された。
※禁令考‐後集・第一・巻八・文化六巳年(1809)七月「公事出入に付追訴差出候節取計方之事」
※石清水文書‐弘安八年(1285)一一月一三日・後宇多天皇宣旨「無差所追訴者、召出文書正文、可裏書

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android