コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三問三答 サンモンサントウ

大辞林 第三版の解説

さんもんさんとう【三問三答】

鎌倉・室町時代の訴訟手続き。訴人の訴状に対して論人(被告)が陳状を提出することを三度繰り返してそれぞれの主張を述べること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三問三答
さんもんさんとう

中世の訴訟手続の一段階。訴人(原告)が訴状を裁判機関に提出し、手続的要件の審査を経て受理されると、論人(ろんにん)(被告)に弁明を求めるための問状(もんじょう)が出され、問状と訴状を受け取った論人は、陳状(答弁書)を提出して訴人の主張を弁駁(べんばく)する。これを三度繰り返す。訴人・論人とも3回ずつ書面によって自己の主張を表明するわけで、訴陳状と、必要な具書(ぐしょ)(証拠書類)を提出する。この手続は鎌倉幕府のもとで、とくに中期以降に典型的に発達した。三問三答が終わると、訴陳状だけで理非が明白ならばただちに判決が下るが、多くは裁判機関のもとで訴陳状を交互に張り継いで当事者が確認したうえ、法廷での対決(口頭弁論)を経て判決が下される。公家(くげ)・本所(ほんじょ)でも行われたが、二問二答の場合もあった。[羽下徳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三問三答の言及

【所務沙汰】より

…論人は応訴するならば陳状(支状(ささえじよう),申状ともいう)を提出する。この書面による弁論を3度繰り返すので三問三答という。訴状は解状(げじよう)とも,2,3度目は二,三問状とも重申状ともいい,訴陳状の交換を訴陳に番(つが)うという。…

【訴状】より

…書出しに差出者を記すので最後の日付の下に差出者を記さないこと,宛所(あてどころ)がないことなどが本来的な特徴である。また,中世の裁判では,三問三答といわれるように数回の訴陳状の応酬があるのが普通で,最初の訴状を本解状,初問状,2回目と3回目を二問状,三問状,後者を総じて重訴状,重申状といった。訴状が提出されると,担当の役人・奉行の確認(裏封などの形をとった)を経て,論人に交付された。…

※「三問三答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三問三答の関連キーワード訴状(中世)所務沙汰室町時代三問状初陳状三答状召文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android