退耕行勇(読み)たいこう ぎょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

退耕行勇 たいこう-ぎょうゆう

1163-1241 鎌倉時代の僧。
長寛元年生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉寿福寺明庵栄西の法をつぎ,源頼朝,北条政子らの信頼をえる。寿福寺,建仁寺住持をつとめ,貞応(じょうおう)2年高野山金剛三昧院をひらき,禅と密教の兼修道場とした。のち北条泰時創建の浄妙寺,東勝寺の開山(かいさん)となった。仁治(にんじ)2年7月5日死去。79歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。別号に荘厳房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうぎょうゆう【退耕行勇】

1163‐1241(長寛1‐仁治2)
鎌倉時代禅僧。諱(いみな)は行勇,退耕と号す。別に荘厳房(しようごんぼう)といった。相模国酒匂(さかわ)の人,一説に京都ともいう。姓は藤原氏。天台宗を学んだのち,鶴岡八幡宮の供僧となり,鎌倉の永福寺,大慈寺に住したが,さらに栄西に参じて,臨済宗黄竜派の禅を修め,栄西のあとをうけて寿福寺2世となった。のち,北条政子の発願により高野山の金剛三昧院を開き,また,鎌倉浄妙寺,東勝寺の開山となる。1241年7月5日没。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android