コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退耕行勇 たいこう ぎょうゆう

2件 の用語解説(退耕行勇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

退耕行勇 たいこう-ぎょうゆう

1163-1241 鎌倉時代の僧。
長寛元年生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉寿福寺で明庵栄西の法をつぎ,源頼朝,北条政子らの信頼をえる。寿福寺,建仁寺の住持をつとめ,貞応(じょうおう)2年高野山金剛三昧院をひらき,禅と密教の兼修道場とした。のち北条泰時創建の浄妙寺,東勝寺の開山(かいさん)となった。仁治(にんじ)2年7月5日死去。79歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。別号に荘厳房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうぎょうゆう【退耕行勇】

1163‐1241(長寛1‐仁治2)
鎌倉時代の禅僧。諱(いみな)は行勇,退耕と号す。別に荘厳房(しようごんぼう)といった。相模国酒匂(さかわ)の人,一説に京都ともいう。姓は藤原氏。天台宗を学んだのち,鶴岡八幡宮の供僧となり,鎌倉の永福寺大慈寺に住したが,さらに栄西に参じて,臨済宗黄竜派の禅を修め,栄西のあとをうけて寿福寺2世となった。のち,北条政子の発願により高野山の金剛三昧院を開き,また,鎌倉浄妙寺,東勝寺の開山となる。1241年7月5日没。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

退耕行勇の関連キーワード長寛仁治安達時盛覚融北畠師親幸西慈賢実勝津戸為守如円尼(2)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone