コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退耕行勇 たいこう ぎょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

退耕行勇 たいこう-ぎょうゆう

1163-1241 鎌倉時代の僧。
長寛元年生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉寿福寺明庵栄西の法をつぎ,源頼朝,北条政子らの信頼をえる。寿福寺,建仁寺住持をつとめ,貞応(じょうおう)2年高野山金剛三昧院をひらき,禅と密教の兼修道場とした。のち北条泰時創建の浄妙寺,東勝寺の開山(かいさん)となった。仁治(にんじ)2年7月5日死去。79歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。別号に荘厳房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいこうぎょうゆう【退耕行勇】

1163‐1241(長寛1‐仁治2)
鎌倉時代禅僧。諱(いみな)は行勇,退耕と号す。別に荘厳房(しようごんぼう)といった。相模国酒匂(さかわ)の人,一説に京都ともいう。姓は藤原氏。天台宗を学んだのち,鶴岡八幡宮の供僧となり,鎌倉の永福寺,大慈寺に住したが,さらに栄西に参じて,臨済宗黄竜派の禅を修め,栄西のあとをうけて寿福寺2世となった。のち,北条政子の発願により高野山の金剛三昧院を開き,また,鎌倉浄妙寺,東勝寺の開山となる。1241年7月5日没。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

退耕行勇の関連キーワード神奈川県鎌倉市浄明寺浄妙寺(神奈川県)浄妙寺境内無本覚心心地覚心大歇了心円爾覚心願性

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退耕行勇の関連情報