(読み)あだ

精選版 日本国語大辞典「仇」の解説

あだ【仇】

〘名〙 (古くは「あた」)
① 自分に向かって害を加えようとするもの。かたき。外敵。
※万葉(8C後)二〇・四三三一「しらぬひ筑紫の国は 安多(アタ)守る 押への城(き)そと」
※平家(13C前)二「其の事となうつねに烽火(ほうくゎ)をあげ給ふ。諸侯来たるにあたなし」
② (「あたとなる」の形で用いることが多い) 害となること。危害。損害。妨害。→仇をなす
※虎明本狂言・察化(室町末‐近世初)「そうじて、あのやうな物をわるうあひしらへば、後にあたをする物じゃ」
※浄瑠璃・舎利(1683)三「殊にみづから天下の害(かい)、仏のあたと成事は、あらもったいなやいまはしや」
③ うらみ。怨恨。遺恨。→仇をなす
※東大寺本地蔵十論経元慶七年点(883)四「此の怨(アタ)を滅し、尽きしむべし」
※和英語林集成(初版)(1867)「Ada(アダ) ヲカエス」
[語誌](1)語源についてはいまだ確定的なものはない。「万葉集」の表記に始まって平安朝の古辞書における訓、中世のキリシタン資料の表記はすべてアタと清音であり、江戸中期の文献あたりでは、いまだ清音表記が主流である。二葉亭四迷の「浮雲」を始め近代の作品ではアダと濁音化しているので、江戸後期から明治にかけて濁音化が進んだとみられる。
(2)類義の「かたき」は善悪にかかわらず自分の相手となるものであり、「あた」は自分に害を加えるものであって、もともと用法の明確な区別があった。

あた・む【仇】

〘他マ四〙 (後世「あだむ」とも) 仇(あだ)と思う。敵視する。恨む。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「この監(けむ)にあたまれては、いささかの身じろきせむも、所せくなむあるべき」

あた【仇】

〘名〙 ⇒あだ(仇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仇」の解説

あだ【×仇/×寇】

《室町時代までは「あた」》
仕返しをしようと思う相手。敵。かたき。「親の―を討つ」
恨みに思って仕返しをすること。また、その恨み。「恩を―で返す」
害をなすもの。危害。「親切のつもりが―となる」
攻めてくる敵兵。侵入してくる外敵。
「しらぬひ筑紫つくしの国は―守る押へのそと」〈・四三三一〉
[類語]恨み怨恨えんこん怨嗟えんさ意趣私怨しえん遺恨いこん怨念おんねん宿意宿怨しゅくえん宿恨積怨せきえん旧怨きゅうえん憎しみ復讐心ふくしゅうしん逆恨み恨めしい

きゅう【仇】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) [訓]あだ あた あだする
憎らしい相手。あだ。「仇怨きゅうえん仇敵復仇報仇
(「逑」と通用)仲間。連れ合い。「好仇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android