コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仇/寇 アダ

デジタル大辞泉の解説

あだ【×仇/×寇】

《室町時代までは「あた」》
仕返しをしようと思う相手。敵。かたき。「親の―を討つ」
恨みに思って仕返しをすること。また、その恨み。「恩を―で返す」
害をなすもの。危害。「親切のつもりが―となる」
攻めてくる敵兵。侵入してくる外敵。
「しらぬひ筑紫(つくし)の国は―守る押への城(き)そと」〈・四三三一〉

きゅう【仇】[漢字項目]

[音]キュウ(キウ)(漢) [訓]あだ あた あだする
憎らしい相手。あだ。「仇怨(きゅうえん)仇敵復仇・報仇」
(「逑」と通用)仲間。連れ合い。「好仇」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

仇/寇の関連キーワード木陰に臥す者は枝を手折らず曽我の雨・曾我の雨昨日の敵は今日の友天下茶屋の仇討ち陰に居て枝を折る伊賀越道中双六伊賀越の仇討ち仇を恩で報いる曽我物・曾我物春色梅児誉美恩を仇で返す亀山の仇討ち富士の巻狩り浅田門次郎シェリダン大星由良助田宮坊太郎報讐・報讎敵讐・敵讎春色辰巳園

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android